中国人医師が日本人患者を虐待し自慢

シェアする

蘇州の中国人医者(歯科医)が、来診した日本人の個人情報をさらした上に、悪徳医療行為を自慢。WeChat上で話題になっている。

この医者がさらしていたWeChat上での発言のスクリーンショットが以下。パスポートには「Sho Niki」と読める上に、パスポート番号も丸見え。

中国人医師が日本人患者を虐待し自慢

発言内容は以下のとおり。

刚给这个日本小哥拔了两颗牙

我特意少打了麻药

発言の内容は『さっききたこの日本人のお兄さん2本歯を抜いたんだけれど、麻酔を特に少なめに打ってやったんだ』とのこと。

ちなみに、同記事のタイトルは『投稿:一个爱国牙医师碰见日本人来看牙,故意少打麻药。苏州。』。中国にいるだけで寿命が縮むわけだが、愛国心と医療行為の区別もできない医者がゴロゴロいて、命を狙われている…と。ゾゾゾ。こんな国が世界の覇権を握った日には、悪夢としか言いようがない。

在中邦人におかれましてはくれぐれも中国人医者の病院へ行かないよう強くオススメする。

コメント

  1. PK より:

    いつも貴重な情報をありがとうございます。

    ひどいお話ですね。
    この医者、日本人だけじゃなく、中国人でも気に入らない患者にはこういうことしてるんでしょうね。
    中国人の皆さん、そこに気づいてほしい。

    • 鳳梨de中國 より:

      PKさん

      コメントありがとうございます。
      そうですね。医療を履き間違えている人はゴロゴロいると思います。
      一応,中国人の名誉のために追加しておくと,この投稿について非難轟々です(笑)

  2. PK より:

    ご返事ありがとうございます。
    私もあの後記事をチェックしてみたら、相当非難されてますね。
    安心しました。

    • 鳳梨de中國 より:

      PKさん

      いえいえ,安心はできないです。
      そもそもこういう発言する人が医師になっているというのが問題です。
      不良品などは返品できなくても交通事故だと思えばいいのですが,医療ミスや故意の傷害で苦しむのは我々患者なので…。
      今回の場合,病院がどの程度のレベルかわかりませんが外国人向け機関だとすると問題はむしろ深刻です。
      医療機関に掛かるために一時帰国する!という言い分がわかる本社ならいいのですが…?