中国とインターネット規制

中国とインターネット規制中国インターネット

中国のインターネット環境は、日本と大きく異なり独自の進化を続けている。これは中国国内のネットは、国家プロジェクトである金盾(グレートファイアウォール)と呼ばれる検閲システムの監視下にあるためである。しかし、同じ中国でも特別行政区扱いの香港と澳門(マカオ)は、ネットの検閲システムがない。

そんな中国のインターネット規制や関連の話題、規制を回避してGoogkeやLINE(ライン)などを使う方法を紹介。

中国インターネット

香港ディズニーチャンネルからシンプソンズの一部が削除

ディズニーが運営するアニメチャンネル『Disney+(ディズニープラス)』から一部話数が消える騒動が起きている。騒動の対象になっているのがシンプソンズ。
0
中国インターネット

米ヤフー中国から正式撤退

CNNの報道によれば米ヤフーが正式に中国から撤退を決めたとのこと。当初幅広いサービス(米版とほぼ同じ内容)を現地企業と共同で提供していたが、2013年からはメールを現地企業に移管した上で停止していた。 ただ、この内容は今更感がある。中...
0
中国インターネット

中国生活で役に立つアプリ-Nanaco

nanaco(ナナコ)といえば7-11を運営するセブン&アイ・ホールディングスが運用している電子マネーである。それとよくにたNanacoと言うまったく別物アプリがよくできているのでご紹介。
0
シンガポール

Tinderシンガポールで暗躍する謎の中国アカウント

Tinderをご存知だろうか。デートアプリの代表格で、中国の出会い系アプリ探探や陌陌の元祖と呼べるものだ。シンガポールでTinderを使うと高確率で中国系アカウントに遭遇するのでご紹介。
0
中国インターネット

武漢ウイルス研究所のスタッフが海外で亡命申請中

新型コロナウイルス(Covid-19)は武漢より広がったとされる。その武漢にある中国科学院武漢ウイルス研究所に所属するスタッフが海外で亡命申請をしたとのこと。
0
シンガポール

武漢肺炎対応の2巨頭 少林vs武当

中国大陸における武漢肺炎対応が功を奏して来ているのか、ここ数日で新規患者数は激減。初期段階で中国の次に患者数が多かったシンガポールも人口密度の割には患者数は多くない。そんな中国・シンガポールを少林と武当に例えた動画が話題に。
0
中国インターネット

体温検査で予行練習

中国各地で行われているエリアごとの体温検査。ほとんどの人は素直に応じるのだろうが、人口が多い分、変な人の絶対人数も多い。体温検査で異常があった場合に、どう対応するのか?の予行練習動画がこちら。
0
中国インターネット

武漢肺炎対応どうしてますか?

日中経済協会が所属企業に問い合わせた武漢肺炎対応のアンケート結果が公表された。内容としては駐在員への対応をどうしているのか?というもの。現法に委ねると言われて、どうしよう?と現地で困っている方も多いのではないだろうか。
2020.02.17 0
中国インターネット

武漢肺炎のピークは2月-新規発生は収拾傾向

武漢肺炎について、収拾する傾向が見えてきている。今回の肺炎対策を指揮するトップもピークが2月とデータや状況から発表している。武漢肺炎狂想曲のどんちゃん騒ぎはそろそろ終わるのかもしれない。
0
中国インターネット

武漢大学の出版物でたぬき

武漢大学の出版部が出している動物紹介の書籍で、たぬきが食用とされているのがネットでホットになっている。
2020.07.06 2
鳳梨de新加坡をフォローする
タイトルとURLをコピーしました