インドネシア発の電脳ソング『Cari Pokemon』の和訳

シェアする

先日、子供がYoutubeで見ていて、横で聞いていた自分が洗脳された一曲。歌詞があまりにも短い(単純)ためか、和訳が見つからずモヤモヤしたので調べてここに掲載。

その洗脳曲であるが、Faihaちゃんが歌う”Cari Pokemon(ポケモン探し)”という曲。2016年頃にネット(の一部)で猛威を振るったらしい。

原曲がこちら。

bilibiliにアクセスできる方はこちらでも視聴可能。

可愛らしい子が(若干舌足らずで)歌う上に、単調なフレーズが使い回しされているので、一度聞くと頭の中を一日中ぐるぐると回る電脳ソング。

ただ、曲を聞いていただければわかるが、中国語では当然なく、英語でもない。どこの言葉だろう?と思ったら、インドネシア語らしい。

私が知っているインドネシア語は、Terima Kasih(ありがとう)くらい。調べてみると時制変化しないとのこと。中国語ソックリ。今は便利なもので、オンライン・インドネシア語辞典も存在する。

文法もさほど複雑ではないので、自前で和訳したのがこちら。

Ada Pokemon listrik, Pikachu

Ada Pokemon air, Squirtle

Ada Pokemon api, Charmender

Ada Pokemon rumput, Bulbasur

(意訳):

電気のポケモン、ピカチュウ

水のポケモン、ゼニガメ(Squirtle)

火のポケモン、リザード(Charmender)

草のポケモン、フシギダネ(Bulbasur)

Pokemon Pokemon, di mana kamu?

Ku mencarimu, ingin menangkapmu

Pokemon Pokemon, di mana kamu?

Kumau kamu jadi milikku

※繰り返しx2

(意訳):

ポケモン、ポケモン、どこにいるの?

私は探しているの、捕まえたいの

ポケモン、ポケモン、どこにいるの?

私のものになってほしいの

個人的には原曲よりも、速度アップ+日本のピカチュウ祭の映像とコラボしたこちらをオススメする。破壊力抜群である。

インドネシアではジャカルタですらあまり英語が通じないので、同地へ行かれる方のモチベーションアップにぜひどうぞ。