アウトバックステーキハウス@上海

シェアする

上海で本格ステーキ!

上海でなかなか食べられないものの1つはステーキだと思う。中国料理は豚肉と鶏肉の文化なので、あまり牛肉を食べない。そのせいか、ステーキを食べる人は日本と比べるとまだ少数。そんな中国でおいしいステーキを食べられるところをご紹介。

場所

地下鉄9号線の「打浦橋駅」の前上にある日月光中心の1Fにある。このショッピングセンター、目印となる標識などがほとんどなくて、行った時に若干迷ってしまった。3番出口を出て、左側に歩いて行くとモール沿いにある。

アウトバックステーキハウス@上海

このショッピングモールの地下には日本の食材を揃えたスーパーなどもあるのでかなり便利。アウトバックステーキハウス自体は独特の看板を掲げているので、近くまで行けばわかるはずだ。

アウトバックステーキハウス@上海

システムと価格

単品とセットメニューの両方がある。ステーキのセットであれば、150RMB前後から400RMBまで。その他、平日のランチセット向けにパスタなどもあるようだ。試しに一番お手軽なセットを頼んでみた。

アウトバックステーキハウス@上海

サラダと一緒にパンが提供されたが、柔らかくて案外おいしい。中国のパンは総じてマズイので、ヤマザキかドンク行くしかないのだが、レストランでまともなパンを食べられるとは思わなかった。

アウトバックステーキハウス@上海

セットメニューはスープを数種類から1つ、ステーキをヒレとサーロインから1つ選ぶ形。ただし、ヒレを頼むと追加で30RMBほど取られる。

アウトバックステーキハウス@上海

焼き加減はレアからウエルダンまで選べるのだが、中国で生は避けたいのでミディアムで頼んだ。肉質はそれなり。中国で食べられるステーキとしては、いいほうだろう。ステーキソースも数種類から選べるのが嬉しい。ただ、同じものを日本で食べると1,500円前後で食べれることを考えると、「中国の輸入品への関税の高さ+物価高+日本円のレート悪化」をもろにかぶった気がするコースだった。

ちなみに、お店には「当店の牛肉は全部輸入品です」と掲げられているので、これもセールスポイントの1つなのだろう。ステーキ食べたくなったら出かけてみるのはいかがだろうか。

コメント

  1. クニ より:

    中国の新年明けましておめでとうございます。
    本年もよろしくお願いいたします。

    上海では良いお店がたくさんある様でうらやましい限りです。
    蘇州はあるにはありますがまだまだ数少ないので。
    といいますか出不精なので…
    お金ももったいないし…

    こんなコト言ってたら何も楽しめなくなりますね(笑)
    本年度は鳳梨de中國様を見習ってもう少しアクティブに動けるように頑張ってみます。

    • 春節あけましておめでとうございます。
      今年の上海は爆竹がひどすぎて夜眠れませんでした。

      アクティブというよりは…基本、食意地で動いています。なので、◯◯行ってきたがない代わりに、飲食店の紹介だらけになっております…(汗)

      蘇州ですと行く場所がありそうでうらやましいです…。