指紋登録エリアが拡大中

シェアする

入国時に指紋登録が必要なエリアが順次拡大中。天津空港、厦門(アモイ)空港、ウルムチ空港も対象に。

本通知は在中国日本大使館からの案内。以下、転載。

1.中国に入国する外国人の指紋採取の措置については、2月28日より、天津空港、厦門(アモイ)空港、ウルムチ空港でも試験運用もが始まります。

2.この措置は2月9日に発表され、満14歳から満70歳までの外国人は入国審査で指紋採取が求められることとなります。10日から深セン空港で開始されていますが、今回対象となった空港のうち、天津空港と厦門空港には日本との定期直行便が就航していますので、特にこれら空港を利用される方はご留意ください。

大規模な空港である北京、上海、広州にもそろそろ導入される見込みです。入国時に各位ご注意を。