図書自動貸出機@上海

シェアする

革新的?図書貸出機

図書自動貸出機@上海

とある顧客訪問をした時に、1階ロビーを通ったら変な機械に遭遇。どうやら、図書を自動で貸し出してくれる機械の模様。日本で同様のものをみたことがないので、もの珍しさに引かれて取り上げる。

大きさでびっくり

この機械、写真で見るとこじんまりしているがかなりでかい。一昔前のオフコンのようだ。この大きさにびっくりである。

図書自動貸出機@上海

図書がおいてある部分を見ると、DVDの管理マシンにそっくり。中国のことだから、DVDも図書も同じ!という理論で流用しているのかもしれない。

図書自動貸出機@上海

利用説明書をみると、1回の利用につき100元のデポジットを取るようだ。もしもとらなければ、そのまま持ち去る民度の低さが説明に現れているようだ。

試してみて二度びっくり

使ってみたかったので、同僚にお願いしたところ、非常に驚いた。機械向かって右側の端末から申請をするのだが、身分証明証をかざしたところ、名前、身分証番号、生年月日に加えて、住所、管轄区その他、身分証で引っ張れる一切の情報が表示されたのである。

図書を借りたいだけなのに、こんなに不要な情報を表示する機械もスゴイが、これだけの情報をかんたんに引っ張れる中国の個人情報に対する希薄さに二度驚きである。所得税を大量に払っている外国人にも身分証を!と思ったが、こんなにかんたんに人の情報を見られるのであれば、丁重にお断りしたい。