資本主義市場における”中国共産党ディスカウント”の訳文

中国インターネット
この記事は約9分で読めます。

この文章は中国国内の独立系学者が発表したもので、資本主義市場における”中国共産党(または中国共産主義)ディスカウント”と題したもの。ここ最近、中国や中国関連株がずっと下落しているのはなぜか?というもの。個人名が発表されていないのは、結論が結論だからだろう。原文は長いので一部省略しながらご紹介。

3月10日,在美国上市的中概股经历了“血雨腥风”的一夜,逸仙电商、贝壳、百达通、爱奇艺等跌幅均超过20%,逸仙电商跌幅甚至逼近40%,京东最大跌幅触及近20%,当天阿里巴巴也跌了接近8%。3月11日,中概股继续下跌, 其中滴滴跌幅达到43%。仅两个交易日,中概股总市值合计损失约1824亿美元(约合人民币1.16万亿元)。其中,滴滴股价两日累计跌幅达到整整50%,市值损失逾90亿美元。

(3月10日、米国に上場している中国株は「血の雨と生臭い風」夜を経験した。逸仙电商、贝壳、百达通、爱奇艺など平均20%以上下落、逸仙电商は40%近く、京東は最大20%近い下落、アリババも同日8%近く下落した。3月11日も中国株は続落、滴滴は43%近く下落した。 わずか2日間の取引で、中国株の時価総額は合計約1,824億米ドル(約1兆1,600億人民元)も失っている。 その中でも滴滴の株価は2日間で50%も下落、90億米ドル以上の時価総額を失った)

ここまででアメリカ市場に上場している中国株について大きな下落について述べている。そのうえで、理由がなんであるのか?について言及する。

-中略-

舆论把这次中概股暴跌的理由归因于美国证劵委员会(SEC)发布的消息,依据《外国公司问责法》, SEC认定了5家在美上市公司为有退市风险的“相关发行人”。这5家公司分别为百济神州、百胜中国、再鼎医药、盛美半导体、和黄医药, 若这些公司连续3年未能满足美国公众公司会计监督委员会(PCAOB)对其审计机构工作底稿进行检查的要求,将面临被美国证交会勒令退市,这引发市场对中概股面临的后续退市风险的担忧,由此导致股价大幅下滑。

((中国)世論は、この中国株の急落を、米国証券委員会(SEC)が発表した、米国に上場する企業5社を外国企業説明責任法(HFCAA)に基づいて上場廃止のリスクある「関連発行元」と認定したニュースに起因するものとみている。この5社である百济神州、百胜中国、再鼎医药、盛美半导体、和黄医药は、公開会社会計監査委員会(PCAOB)が定める3年連続で監査法人の審査要件を満たさない場合、SECによる上場廃止を受けることになります。そのため、株価は急落しています。)

-中略-

应该说SEC把一些公司认定为有相关风险,是根据事先通过的法案的程序性操作,是掉下来的第一只靴子,并非是突然飞出的黑天鹅。

(SECがこれらの会社の関連リスクを指摘したのは、改正前の法律に基づく手続き上の運用であり、脱いだ靴の1足目(決まった政策が進んでいく過程の第一歩)であって、突然飛んできたブラックスワン(事前には予想がし難い物事の例え。ナシム・ニコラス・タレブのブラック・スワン由来)ではないと言うべきだろう。)

中国证监会对此反应平淡,3月11日凌晨,中国证监会相关部门负责人回应称,这是美国监管部门执行《外国公司问责法》及相关实施细则的一个正常步骤。“我们此前已多次就《外国公司问责法》的实施表明过态度。我们尊重境外监管机构为提高上市公司财务信息质量加强对相关会计师事务所的监管,但坚决反对一些势力将证劵监管政治化的错误做法。我们始终坚持开放合作精神,愿意通过监管合作解决美方监管部门对相关事务所开展检查和调查问题,这也符合国际通行的做法。”

(これに対して、中国証券監督管理委員会(CSRC)の関連部門の責任者は11日未明に淡々と、(先の発表は)米国当局が外国企業説明責任法および関連実施規則を実施するための通常のステップであると回答した。 『”外国企業説明責任法”の施行に対する私たちのスタンスは、これまで何度も述べてきたとおりです。 我々は、上場企業の財務情報の質を向上させるために、関連する会計事務所の監督を強化しようとする海外の規制当局の努力を尊重する。ただし、証券規制を政治化しようとする一部の勢力の誤ったアプローチには断固反対である。 我々は常に開放と協力の精神を堅持し、米国の規制当局が関連企業に対して行った検査や調査の問題に、規制協力を通じて対処する用意があり、これは国際的に認められた慣行にも沿ったものである。』)

ここまででアメリカ・中国の貿易戦争などに発するような政治的原因ではないことを当地および中国関係者から見て確認をしている。そこで、政治以外に考えられる要因についても言及する。

那么导致中概股这一轮暴跌,除了SEC根据《外国公司问责法》逐步强化监管措施,是否还有其他因素? 分析者当然提到了其他因素,比如美联储加息预期,乌克兰战事胶着等消息,都在资本市场调整中扮演一定的角色。然而放在一个更长的时间段来看,美股并没有受到这些因素同等程度的因素,从2020年底至今,虽然有美联储货币收紧、地缘政治冲突等诸多因素,道琼斯工业平均指数依然有15%的增长幅度。

(では、今回の中国株の急落は、SECが外国企業説明責任法に基づいて規制を強化していること以外に、何か要因があったのだろうか。アナリストは確かに、FRBの利上げ予想やウクライナ戦争のニュースなど、他の要因も資本市場の調整に一役買っていると述べています。 しかし、より長い時間軸で考えると、米国株はこれらの要因にそれほど左右されず、FRBの金融引き締めや地政学的な対立など多くの要因があるにもかかわらず、ダウ平均は2020年末から今日まで15%の上昇を記録しています。)

-中略-

结合港股和A股过去一段时间来的表现,或许可以找到另外的关键因素。除了中概股经历的市场惨状,港股和A股的表现同样令投资者心惊胆颤。港股经历了一轮惨烈的下跌,自2021年2月18日31183点以来已经下跌32.8%。现价早已经跌破2020年3月危机的时候。(中略)港股的日交易量也从三四千亿跌落到一千亿左右,大量国际资本撤离香港市场。当前恒生指数的市盈率(TTM)仅有10倍,港股PB仅为1.01,估值掉至历史低位。

(香港株やA株の長期的なパフォーマンスと組み合わせると、さらに重要な要因が見つかるかもしれません。 中国株が経験した市場の悲惨さに加え、香港株とA株の悲惨なパフォーマンスも投資家を恐怖に陥れている。 香港株は2021年2月18日の31,183円から32.8%下落するという強烈な下げ幅を記録している。 現在の価格は、2020年3月(コロナショック)の危機をとっくに下回っている。(中略)香港株の1日の取引高も3000億〜4000億ドルから1000億ドル程度に減少し、大量の国際資本が香港市場から撤退した。 現在のハンセン指数のTTM(株価収益率)は10倍、香港株のPBは1.01に過ぎず、バリュエーションは歴史的な低水準に低下しています。)

ここまでで外部要因はほとんどなく、むしろ海外の市場では上昇が見られること、一方で中国株と海外に開放されている香港市場の下落を指摘している。

知名投资机构高盛在给客户2022年投资展望中的表示:2021年世界第二大经济体中国的股票不仅大大低于美国股票市场的表现,而且是所有主要股票市场表现最差的,按人民币计算,总回报率为 -21.2%。高盛认为中国股市的指数估值处于近年低位,而且相对全球股票存在显著折让。

(大手投資会社のゴールドマン・サックスは、顧客向けの2022年の投資見通しで、2021年には世界第2位の経済大国である中国の株式は、米国株式市場を大幅に下回るだけでなく、主要株式市場の中で最悪のパフォーマンスとなり、人民元ベースでトータルリターンは-21.2%になると述べている。同社は、中国株式のインデックス・バリュエーションは直近の低水準にあり、世界株式と比較して大幅なディスカウントとなっていると考えています。)

-中略-

其实关注资本市场的人都了解,中概股之前缘何有高估值?因为原来意义上的中国概念,是不断改革开放、不断和世界接轨、经济越来越市场化和全球化的一种想象,是全球资本市场,尤其是美国资本市场拥抱中国创新型企业的良好互动,是对中国成长的一种溢价。

(実際のところ、資本市場に関心のある人は、なぜ中国株が以前に高いバリュエーションを持っていたのかを理解している。 それは、中国という概念が、改革開放の継続、世界との断続的なリンク(市場化)、経済のより一層の市場化・グローバル化の進展、世界の資本市場、特に米国の資本市場との良好な交流、中国の革新的企業の受け入れ、といった成長に対するプレミアムという想像上のものだったからである。)

而习掌握中共最高政权以后,不断集权,强调国有企业的根本地位,对民营企业和高科技企业抱有敌意。2021年以来,更是通过铁腕手段直接暴锤众多行业,房地产、教育培训等是典型代表,而对阿里巴巴、腾讯、滴滴等科技创新企业,更是拿出一个含糊其辞、随心所欲的“资本无序扩张”,对这些企业进行程度不同的整肃,导致中国互联网企业的创新精神遭到重挫。

(習近平は共産党の最高権力を掌握して以来、国有企業の基本的地位を強調し、民間企業やハイテク企業を敵視して、権力の集中化を続けてきた。2021年以降、不動産や教育訓練など代表格として、数多くの産業を直接鉄拳で叩き、阿里巴巴、腾讯、滴滴などハイテク企業を、あいまいで独断的な”無秩序な資本拡大”と、程度の差こそあれ、粛清が行われ、中国のインターネット企業の創造的なマインドを大きく後退させる結果となりました。)

と、ここまででここ数年で中国経済を牽引してきた新興企業叩きが市場マインドを冷やしてきたと厳しく指摘。滴滴については中国当局が執拗に介入した結果、アメリカ市場で大幅な株安を引き起こしたのは周知の通り。ここからこの文章の本題となる。

中概股为何跌幅最大? 除了美国SEC的监管政策,主要原因是中国政府对中概股的捶打。

香港本来作为全球最自由的经济体,享受着高度繁荣,而随着中共强化对香港的管控,以国安法为手段,不惮在香港实施某种程度的恐怖治理,香港正沦落为一个普通的中国城市。 中共国务院港澳办主任夏宝龙公然表示,50年不变是一个哲学概念,而不是一个数字。香港自由已死,香港的自由精神正在被中共铁腕手段窒息。

(なぜ中国株が最も下落したのか?米国SECの規制政策とは別に、中国政府による中国株叩きが主な理由だ。

世界で最も自由な経済圏として高度な繁栄を謳歌していた香港は、中国共産党が国家安全法を臆面もなく利用して、香港を監視抑圧を随時強化してきた結果、中国の普通の都市に成り下げてしまった。中国共産党国務院香港マカオ弁公室主任の夏寶龍は、「50年無変化は哲学的な概念であって、数字ではない」と公然と述べた。 香港の自由は死に絶え、香港の自由の精神は中国共産党の鉄拳によって窒息させられているのだ。)

在这种背景下,中国概念的溢价变成了中共政策的折扣,而一个日益凸显原教旨色彩的中共概念,无疑是对资本市场的最大威胁。投资者也陆续看清了这种现状,因此通过用脚投票,和中国相关的资本市场的大幅度下降,不过是这种诅咒的一种表现而已。(中略)

(このような背景から、中国へのプレミアムは、中国共産党の政策のディスカウントとなりはて、原理主義的傾向を強める中国共産党コンセプトは、資本市場にとって最大の脅威であることは間違いないだろう。投資家も次々とこの状況を目の当たりにしており、足による投票(英語: vote with their feet ある活動やグループに自発的に参加することや、そこから撤退したりすることで、自分の好みを行動で表すことを指す)により、中国関連資本市場の大幅な落ち込み、中国関連資本市場の激減は、この呪いの現れに他ならない。)

と、中国に対する期待を込めたプレミアムが、今やディスカウント要因になっているとしている。そのうえで…

中概股、港股和A股承受的中共折扣,直接后果就是几十万亿财富的蒸发,是对中国创富阶层和中产阶级的洗劫,间接后果更是难以综述……但所有这些后果不会无缘无故的消失,最终总是需要有人为之埋单的。

(中国株、香港株、A株が受けた中国共産党ディスカウントの直接的な結果は、数十兆ドルの富の蒸発、それは中国富裕層と中間層の略奪であり、間接的な結果は要約がさらに難しい……しかし、これらの結果はすべて理由なく消えることはなく、最終的には必ず誰かがその代償を支払う必要があります。)

原文はこちらで読める。

练子俊:资本市场的“中共折扣” - 议报
作者为中国大陆独立学者 3月10日,在美国上市的中概股经历了“血雨腥风”的一夜,逸仙电商、贝壳、百达通、爱奇艺等跌幅均超过20%,逸仙电商跌幅甚至逼近40%,京东最大跌幅触及近20%,当天阿里巴巴也跌了接近8%。 3月11日,中概股继续下跌, 其中滴滴跌幅达到43%。仅两个交易日,中概股总市值合计损失约1824亿美元(...

滴滴株は私も買った後、当局のあれこれでひどい目にあって大損したので、概ねこの論調には同意したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました