お笑いバリアフリー@上海

シェアする

部分最適化の天才-中国人

中国といえば楽しい設計や仕様を世界で最もたくさん見られる地域だと思う。そんな中国で発見したバリアフリーな設計をご紹介。

場所は、APITA金虹橋店と地下鉄連絡通路。ここは、APITAから地下鉄駅まで、別のデパート経由で行くことができる。ただ、アップダウンがかなり激しい上に、ひっそりと通路があるのでわからない。

そんな場所に彼はいた。

お笑いバリアフリー@上海

なんてことはない。車椅子の人のために駅などで設置されているエスカレータだ。しかし、問題はこの場所なのだ。この写真は通路からAPITAに向かって撮影している。その反対側を見てみると…

お笑いバリアフリー@上海

なんとエスカレータもこの機械もないのだ。もちろん、エレベータもない。店員にここまで運んでもらっても、その後動くことができないのだ。最初に見たとき、見過ごしてしまったのだが、先日通った時に思わず二度見してしまった。

部分最適化ができても、全体の最適化ができない。彼ら中国人と仕事をする日本人なら常日頃思うことを具現化したような1コマ。