複数プロトコルで中国対策する12VPXの使い方

中国で使える12vpnの導入VPN
この記事は約9分で読めます。

12VPXサービスの特長から使い方まで

中国で使える12vpnの導入-12vpnサービスの特長から使い方まで

中国から海外のサイトおよびサービスを使うのを念頭においた老舗サービス。中国の規制強化に対応して複数のプロトコルやツール、公式サイトを用意している対中国ネット規制の筆頭格である。日本語表記がないため、本記事の紹介となる。

どこのVPNベンダーも中国の規制に対応をそれなりにしているが、使えるものはすべて使ってみようというのがこちらのサービス。また、クレジットカードがない人向けに他の支払方法にも対応している。以前は12vpnと言う名前だったが、12VPXに変更された。当局の取り締まりを回避するための方法で、同サービスのTwitterアカウントは以前の12vpnのままだったりする。英語メインのサイトだが、英語ができなくても問題ない。特長から使い方までを解説。

12VPXの特長

1.中国から複数手段で直接使える

中国で使える12vpnの導入-1.中国から直接申し込みができる

中国当局は習近平がトップになってから規制強化を続けているのは周知のとおり。最近ではVPN等を使った当局の規制回避できる手段の提供が違法化されるなど強化の一途をたどっている。

個人アカウントのVPNは規制か?-工信部トップがVPN政策で発言
VPN政策について政府幹部が明言 去年から続く中国のVPN騒動。海外VPNベンダの違法化、VPNアプリの削除は既に実施された。残るは違法VPNの一掃である。春節を控えたこのタイミングで、中国政府幹部がVPN政策について言及をしたので取...

12VPXはもともと香港に本部を置いていたが、昨今の香港民主化運動で香港国家安全法(中华人民共和国香港特别行政区维护国家安全法)が採択されたあと、本部をイギリスへ登記上変更している。サーバやサービス舞台は香港だが、イギリス企業となる。

ただ、主たる顧客は中国在住者のためWebサイトやサービスが中国向けと中国以外(海外全般)で提供されている稀有な存在である。

最近はVPNの通信を検知して遮断するようにGFW(電脳版万里の長城)が賢くなったので、これに対応した複数ツールが用意されている。エンジニアに聞いたところ以下のような回答。

We recommend our own VPNGUI app in WEB mode (Windows+Mac) or our Shadowscale app (on iPhone – it uses WEB protocol). On other platforms you can indeed use v2ray, or wireguard. (Or SSTP, or OpenVPN. They too work, but are slower.)

ツールの見直しが定期的に入っているようで、前回レビューしたときよりもツール数も種類も増えていた。

2.クレジットカードの決済手段が豊富

日本発行のクレジットカードは、日本に在住しているのが原則である。そのため、日本国内に代理人がいない方や日本に銀行口座を持っていない場合は発行ができない。

そんなユーザ向けに12VPXでは、クレジットカード以外にPayPalやビットコインが決済手段としてサポートされている。

以前はWeChat(微信、Tenpay)も用意されていた。しかし、昨今の海外支払い手段の規制強化に伴い廃止された。Alipay(支付宝)や銀聯カード(Union Pay)はまだサポートされているが、中国身分証明証(IDカード)を持ったカードホルダー以外では利用できない(中国国内法の規制)。

3.同時接続数が無制限

中国で使える12vpnの導入-3.同時接続数が無制限

VPNサービスは複数ユーザがサーバを共有して使うので、サーバやネットワーク負荷を抑えるために、同時に接続できる数を制限するパターンが多い。

12VPXでは同時接続を一切規制していない。FAQにもこの点が明記されている。一人が複数台端末を使ってアクセスするこの時代にあったVPNだと言える。

Can I connect multiple devices at the same time?
Yes. As long as these are your personal devices that's no problem. In some cases it may be necessary to connect each device to a different server to avoid conflicts.

複数の機器を同時に接続することはできますか?
はい、できます。個人所有の機器であれば問題ありません。場合によっては、重複を避けるために、それぞれの機器を別のサーバーに接続する必要があります。

12VPXを使ってみよう!

ステップ1:サービス申し込み

1-1.プランの選択

12VPXの公式サイトにある「Get 12VPX」をクリック。

最高速度1,000Mbps(1Gbps)をうたう12VPX

選択肢は1つのみで、契約期間を1か月単位、半年または1年契約にするか?だけである。サイトにも明記されているが、長期間を一回契約する場合は割引が適用される。

年間契約では40%オフが適用されるので1ヶ月あたり5.99USD(約600円ほど)となる。どの契約期間でも、最初の14日間でキャンセルした場合、無条件で返金に対応してくれる。

まずは使ってみればいいだろう。

1-2.利用者登録

使うユーザの情報を順次登録。適当な情報を入れても決済さえ通れば問題なく使えるが、トラブル防止のために正確に記入したほうがいい。各項目の内容は、下記の通り。

  • First name:名(ローマ字表記)
  • Last name:姓(ローマ字表記)
  • Choose country:国(この選択はクレジットカードの発行元と一致している必要あり。Paypalの場合は、Paypalアカウントの発行元)
  • E-mail address:メールアドレス。パスワードを回復させる場合などに使う。プロバイダーメールや会社メールなどがいいだろう。
  • Enter a password/Repeat the password:パスワード(Webサイトへのログイン時に利用。大文字、小文字、記号を1つずつ含み、10桁以上を設定)

1-3.支払い情報の入力

支払情報を入力する。無料期間が過ぎてから所定の料金がかかる。ただし、情報確認のために仮の引き落としがかかるので要注意。

クレジットカードの場合は選択してContinueをクリックすれば詳細情報の入力になる。クレジットカード支払いの場合、セキュリティーコードに聞かれるが、下記コラムを見て欲しい。

クレジットカード・セキュリティコードの場所

クレジットカードのセキュリティーコードの場所は?

申し込みが終わるとメールでアカウント発行完了通知が来る。

ステップ2:接続アプリのインストール

アカウント発行後、公式サイトへ行く。ログインすると以下のようにダッシュボード(アカウント状態)が表示される。Setupをクリック。

ログイン後の画面

今回手元にあったのはAndroidなので、プラットフォームでAndroidをクリック。iPhoneの場合は別途記事でご紹介。

Androidで使えるアプリはいくつかあるのだが、現状ではv2rayNGが推奨されている。他にもメジャーなツールが複数あるのだが、今回は割愛。

v2rayNGを選択するといろいろと出てくるのだが、Install(インストール)をクリックしてアプリをまずはゲットする。

v2rayNGのダウンロード先が複数あるのだが、APKをそのままインストールできる人は一番上の”v2rayNG on this website”を。セキュリティの理由で許可していない場合は、Google Playからダウンロードする。

APKのダウンロードとインストールはセキュリティの観点から警告が出る場合があるが、そのまま続行して問題ない。

インストールするときに以下のような警告が出るかもしれないが、VPNアプリが接続設定を変えるのを許可するかどうか?なので許可(OK)を与える。

インストールが終われば以上となる。

ステップ3:使ってみる

3-1. サーバーリストインポート

インストールが終わるとアプリを起動。起動直後はご覧のとおり何もない。

公式サイトのサーバーリストをここでインポートしてやる必要がある。サーバーリストは下記にある。

12vpx - High Speed Access Service
Secure your connection, improve your privacy and break free of restrictions. Sign up for 12vpx today!
12vpx - High Speed Access Service
Secure your connection, improve your privacy and break free of restrictions. Sign up for 12vpx today!

このアドレスをそのままコピー。

1. メニューをクリック 2. Subscription settingをクリック 3. 右上の+をクリック 4. サーバーリストをコピペ

サーバーリストをインポートすると以下のように選択できるようになるので、選択して接続すれば中国国外へと出られる。

サーバーリスト見ると右下にVLESSとvmessと書いてある。エンジニアに同じく聞いてみるとVLESSのほうがやり取りの重複が少ないとのこと。ただし、最近のスマホであれば違いはないと。

vLess has less overhead. On high-end devices (like iPhone) there is no perceived difference. But on low-end phones the vLess option can be faster.

3-2. 設定一部変更

このソフト、デフォルトでは全世界共通設定になっている。中国国内にいる場合は一部設定を変更しておいたほうが速度改善が期待できる。この設定をしなくてもアクセス元が海外になるだけなのだが、余計なトラフィック増やしたくない場合は設定変更をしよう。

Settings → Predefined rules → Bypassing LAN and mainland address (中国アドレスを回避)

3-3. 速度テスト

では…ということで実際に接続テストをする。まずはVPNがない状態で東京のテストサーバ(電波やくざ/denpa893)へアクセス。

VPNなし。無線LAN経由で東京へアクセス

意外と遅い。今使っている回線をシンガポール国内で速度テストすると以下のような速度が出る(Singtelの光ファイバー1Gbps契約)ので余計に遅いと感じる。シンガポールは海外に出ると遅くなるのか?と思いつつ今度はVPN接続して計測。

VPN接続でテストした結果がこちら。VPN通して東京へアクセスしたほうが70倍近く速かった。時間帯を変えても直接接続するよりもVPNを通したほうが速かったのは意外である。

皆さんのお役に立てれば幸いだ。

コメント

  1. 林檎屋さん

    コメントありがとうございます。
    12vpnはドメイン規制されており(今までも何度か),移転済みにも関わらず私が更新するの忘れておりました(汗)
    本リンクで中国からもアクセスできます。

  2. 林檎屋 より:

    はじめまして。12vpnのアドレスですが変わりましたか?
    https://12vpn.net/ で合っていますか?

  3. yoshiさん

    コメントありがとうございます。
    早速,記事に追記致しました。m(_ _)m

  4. yoshi より:

    はじめまして。いつからかは不明ですが、この12vpn、銀聯カードでの支払いができるようになっていました。パスポート登録のカードでです。

  5. サミーさん

    コメントありがとうございます。
    ユーザネームとパスワードが配信されているとすると,申し込み自体は完了しているのかもしれませんね。
    ただ,14日以内であればいつでも解約可能なので,まずはトライしてみてもいいと思います。
    キャンセルする場合も,その旨1行書いてメールすれば勝手に手続きしてくれるので面倒ではないです。
    何かあったらまたコメントしてください。

  6. サミー より:

    お返事ありがとうございますサミーです。
    先ほど、12サポートより
    ・ユーザーネーム
    ・パスワード
    がメールにて配信されてきました。

    支払いしていないのにパスワードが届いたのでビックリしたんですが、試しに明日ログインしてみようと思います。
    上手くいかない場合、お世話になるかもしれませんがよろしくお願いします

  7. サミーさん

    コメントありがとうございます。
    クリックしても画面が変わらない場合は,ブラウザかネットが原因です。
    他のブラウザで試してみてはどうでしょうか?
    広告排除のアドオンやアンチウイルスソフトウェアがある場合は,一時的に無効にしたりすると概ね直ります。
    ちなみに,記載が終わっていなければ契約不成立なので,お金をとられることもありません。

  8. サミー より:

    こんにちは
    12VPNをダウンロードするために、このサイトを参考にして作業を進めましたが、マイアカウントを作成し、

    1-5.支払い情報の入力 その1
    「PAY NOW」をクリックしました。

    しかし、画面1-6.支払い情報の入力 その2 かわりません。
    もし、お分かりになるようでしたら教えてください。英語のためサポートセンターに問い合わせることもできなくて。

    もう、どうしようもない場合違う会社にしようとも考えてます。その場合注文した分はどうなるのでしょうか。

    よろしくお願いします。

  9. 北京在住さん

    コメントありがとうございます。
    Alipayの件、ありがとうございます。
    私自身は支払いを全部Paypalでやってしまうので(と言うか、Alipayアカウント持ってない)そのまま記載していました。
    あとで記事を訂正しておきます。

  10. 北京在住 より:

    Alipayでは支払えませんでした。Alipayのアカウントはパスポートで実名認証済みですが、非身分証ユーザーはこの取引を行えないというエラーメッセージが出ます。12vpnのサポートに問い合わせたところ、Alipayで国外の商品を購入する場合、中国の身分証のアカウントでなければならないとのことでした。

  11. baoan-manさん

    コメントありがとうございます。
    12vpn無事につながったこと、良かったです。

    サイトの配置自体は適時変わるので、本サイトでも随時更新をかけていきますね。
    日本経営の果物系とか山系とかは、簡易構築しているだけなので安定性と速度に欠けると思います。
    安定したvpnライフを楽しんでください!

  12. baoan-man より:

    サイトマスタ様

    詳しいガイドありがとうございました12vpn無事につながりました
    サイトの配置が変わったようであれこれ探して以下から
    https://getsetupfile.com/downloads/
    PC用ダウンロードして接続できました。
    当方英語がだめなので日本経営の果物名とか山の名前を試しましたが
    クライアント増加/サーバ設置位置が選択できないためか10秒くらいで途切れ途切れこれで有料サービスかとお話になりませんでしたが12vpnですと半日でも嘘のように途切れませんで快適です
    今度はご紹介の1番目2番目のVPNも試してみたいです、ありがとうございました。

  13. tuneoさん

    コメントありがとうございます。
    どういう状況でしょうか。サイトが開けないとかでしょうか?
    12vpnからのメールは届いていますでしょうか?
    #名前が実名っぽいので、変更させていただきました。

  14. tuneo5707 より:

    アプリをDLできません

タイトルとURLをコピーしました