大阪にある中国-門真中国朝市

シェアする

中国語しか聞こえない日本にある中国

大阪にある中国-門真中国朝市

大阪に門真市という場所がある。以前から行ってみたかった噂の多いところの1つで、行く機会があったのでご紹介。

門真市と中国人

大阪にある中国-門真中国朝市

門真市は大阪府の市の1つ。大阪市中心から東へ向かった場所に位置していて、パナソニックの城下町で、関連する町工場が多い場所である。門真市についてQQ日本人会で聞いてみると、芳しくない評判。こういう場所は外国人が集まりやすい。

池袋や西川口もそうなのだが、早い段階で日本にきている中国人は、留学生やら実習生が多い。手持ち資金もさほど多くない。どうしても、地価や物価が安いところに集まる。その後は、同胞がいるところにいたいので、口コミで広がりチャイナタウンが形成されるのである。

ニュースでも取り上げられたチャイナタウン

そんな門真市が全国から注目を集めたのは2000年台後半。ざっと探した感じでは2006年頃からブログで取り上げている人がおり、その頃の様子を見るとすでにかなりの規模になっているのが見て取れる。

謎の中国人朝市

その後、テレビやラジオでも取り上げられて、かなり注目を集めたようだ。この面白ネタ自体は大阪DEEPなどでも取り上げられており、記事化されている。

大阪市鶴見区中環沿い「中国人朝市」問題顛末 (1) – 大阪DEEP案内

この朝市は特殊らしく、2回も大阪DEEPで取り上げられている。

相変わらず異国過ぎてヤバい!再訪・大阪鶴見の中国人朝市2013 – 大阪DEEP案内

これだけ騒がれているのだから、もう壊滅しているのかと思いつつ…怖いもの見たさに行ってきました。

中国朝市のアクセスマップ

朝市といっても、場所を借りてやっているわけではなく、路上で勝手に展開している。いわゆる不法占拠である。

大阪にある中国-門真中国朝市

場所は地下鉄で行くならば、市営地下鉄長堀鶴見緑地線の「門真南駅」で下車。車で行く場合は「大阪ふくちゃんラーメン鶴見店」を目的地にしてほしい。

地図が読める人であればわかるが、実はこの場所、正確には門真市ではない。大東市である。ただ、ネットで検索すると「門真 中国人 朝市」でヒットすることが多いので、本サイトもそれにならうことにする。

中国人だらけの朝市

今回は市営バスで大阪駅から出発。目的地「大阪ふくちゃんラーメン鶴見店」に向かう。

大阪にある中国-門真中国朝市

途中に左手、マクドナルドがある。警備員が中国語のプラカードを片手に悪戦苦闘しているのを目的。どうも朝市に行く中国人が、マクドナルドの駐車場に車を置いていくようだ。プラカードは撮影しなかったが、中国語で朝市目的での駐車はお断りという内容であった。

大阪にある中国-門真中国朝市

近づくとプラカードが貼ってある。「道路上での出店・商品の陳列等は禁止されています」とのこと。以前は道路上に朝市目的の車が大量に止まっていたようであるが…

大阪にある中国-門真中国朝市

大阪府警がカラーコーンを置いて駐車を阻止、おまけに警察官が常にウロウロしている。遠くには2台ほどパトカーが止まっており、ほのぼのしい雰囲気とは言いがたい。

大阪にある中国-門真中国朝市

大阪ふくちゃんラーメン鶴見店の道路側は完全に占拠されており、そこにはパクチーを中心に野菜が売られている。売っている人も買っている人も全員中国人。聞こえてくるのもすべて中国語である。

大阪にある中国-門真中国朝市

この朝市の中心地にあるのが、この建物。地図上では、華龍商事と龍江食品工業、はまや食品という会社となっている。ここに生鮮食品から乾物まで豊富に取り扱っている。

フードコーナーで朝ごはん

この華龍商事はイートインスペースと商店を兼ね備えている。店頭では、中国人の兄ちゃんがゴム手袋をして、揚げパンを作っていた。

大阪にある中国-門真中国朝市

揚げパン(油條)や豆漿、豆花などが格安で売られている。今回買ったのは、揚げパンx2に肉餅、豆漿,豆花で合計600円(税込み)である。安っ!

大阪にある中国-門真中国朝市

このフードコーナー、かなりいい加減な作りなので衛生的に若干心配だったが、加熱処理指定あるから問題無いだろうということでおいしくいただいた。

豊富な中国食材が揃う華龍商事

この華龍商事の売り場には、日本人なら使う…ことはないであろうものが大量に揃っている。肉で言えば、足・手・頭・耳など物好きくらいしか手を出さない部位が勢揃いである。

大阪にある中国-門真中国朝市

中国料理のメインは豚肉・鶏肉だが、羊などもある品揃えである。豚の心臓や肺など一体何に使うのか、想像がつかない。おまけに、1kg単位というのがすごい。

大阪にある中国-門真中国朝市

調味料や穀物類、皮蛋も揃っている。調味料で言えば、豆瓣醬だけでも15種類ほどある品揃えである。

大阪にある中国-門真中国朝市

もちろん、お祝いごとに欠かせない白酒や紹興酒も揃っており、ここに来て食材を揃えれば本格中華料理店を出すのは容易である。

大阪にある中国-門真中国朝市

ちなみに、ここの価格は神戸にあるチャイナタウンに比べると1~2割ほど安い。なぜ、そこまで安いのかが若干気になるが…。

大阪にある中国-門真中国朝市

中国人大好きなひまわりの種やナツメも揃っており、ご飯からおやつまで勢揃いだ。もしも、中国にあったあれがほしい!と思ったら、ここに来れば良さそうである。

おまけ

フードコーナーの脇を見たら、実習生や留学生向けサービスの張り紙を発見。中国工商銀行が大阪に法人を持っていたとは…。

大阪にある中国-門真中国朝市

ほかにも携帯斡旋やら住宅斡旋業者の張り紙もあった。これで情報誌があれば在日中国人同胞も困ることはないだろう。

余談だが、ここで食べて12時間後にお腹の調子が急下降。冒頭のブログの追記を思い出した。

追記
ここで食事をしてから6時間後 やや下痢状態になりました。腹具合が緩くなり半日に5度ほどトイレを往復するはめになりました。ちょうど絞りたての牛乳を飲んだときみたいな状態、不快感はありませんがいっときただただ腹下しする状態でした。

家内(中国人)も軽い下痢になったので、私の体質の問題ではないと思う。おそらくだが…あの店が出す豆漿か油が悪いのではないかと推測。

食材を買うのでとどめておくのをおすすめしたい。