就業許可+居留許可延長に必要な資料(2015年上海版)

シェアする

毎年必要な煩わしい手続き

就業許可+居留許可延長に必要な資料(2015年上海版)

中国に限らず、海外に仕事などで在住する場合は、ビザと居留許可が適時取得し、延長が必要。日本や台湾は、初年度こそ1年ごとだが、ある程度安定すると3年や5年などの単位で申請すればいい。しかし、中国はなぜか1年ごと。2015年上海地区における必要資料一覧をご紹介。

ぼったくり的仲介業者

この手のビザや居留許可を代行してくれる業者が、中国にも存在する。お値段を聞いたらびっくり。1,000RMB(約2万円)もする。各種資料を準備するのはこちら、申請こそ彼らがやるものの、終わったあと引き取りに行くのも当方。彼らがやるのは、必要資料を教えることと、提出することのみ。これで、1,000RMBである。

あまりにもアホらしい割にあわないので、ここで必要資料を公開し、諸兄の節約になれば幸いである。

必要書類一覧

就業許可延長の必要書類

  • 外国人就业证延期申请表
  • 营业执照(コピー)
  • 组织机构代码证(コピー)
  • 外商投资企业还需提供批准证书(コピー)
  • 劳动合同或聘用协议(日本からの派遣契約可。コピー)
  • 外国人就业证(更新対象の原本)
  • 外国人的护照(原本とコピー)
  • 二寸证件照片
  • 临时住宿证明(コピー)

居留許可延長の必要書類

  • 企业或单位出具的申请书
  • 外国人签证证件申请表
  • 公司营业执照(コピー)
  • 组织机构代码证(コピー)
  • 外商投资企业还需提供批准证书(コピー)
  • 申请人的临时住宿证明(原本)
  • 2寸证件照两张

必要日数と手続費用

先に就業許可(ビザ)の延長をしたあと、居留許可の申請を行う。トータルで10営業日前後。すべての資料を揃えて、上海政府の指定機関に申請するだけ。不備があれば教えてくれるので問題ない(ただし、中国語のみ)。

就業許可+居留許可延長に必要な資料(2015年上海版)-カードが使えると書いてあるが、実際には使えない。ウソつきである。

引取時に手続費用を払う。800RMB(約16,000円)なり。窓口には現金またはカードと書いてあるが、カードは使えない模様。ウソつきである。

中国はワークシェアリングしないと、人口14億人を養えない。だから、窓口業務を煩雑化させて人員を増やし、外国人には可能な限り帰って欲しいのだろう。それはわかる。だが、それを露骨にやるところがスゴイなぁと思った次第。