武漢肺炎のLOA違反で労働者4名をシンガポールから追放

シンガポール
この記事は約1分で読めます。

シンガポールのMinistry of Manpower(労働省)は、武漢肺炎に関係してLOA(隔離期間)違反した4名の労働者を就労許可剥奪とシンガポールから24時間以内に退去を命じたことを発表。併せてこの4名について、シンガポールでの労働を永久に禁止したとのこと。

詳細はMOMの公式サイトに載っているが、割愛して説明すると…

  • 4名は14日間の隔離期間(Leave Of Absence)に該当していた
  • 上述にも関わらず職場で仕事をしているのを通報受けたMOMが摘発
  • 就労許可の剥奪と24時間以内の退去を命令
  • 当該労働者はシンガポールでの就労を永遠に認めない
  • LOAを適切に管理するべきだった6名の雇用者は2年間就労許可の申請が止められる
Work Passes Cancelled and Employers' Work Pass Privileges Revoked for Breaching Leave of Absence Requirements
The Ministry of Manpower (MOM) has revoked the work passes of 4 work pass holders and suspended the work pass privileges of 6 employers. They had been found to ...

日本もこのくらい徹底してやりゃいいのに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました