超えられない35人の壁

シェアする

どんな大惨事でも35人は越えない中国

上海外灘将棋倒し事故

年末から新年にかけて中国”らしい”事件が起きた。今回も死者数は35人の天井に。どんな事件でも35人を超えない、35人ルールとは何か。取り上げてみる。

上海将棋倒し事件

2015年1月1日に上海の観光地「外灘」で起きた将棋倒し事件。中国当局は、死者が全部で36人と発表している。この発表に対して、ネット上ではいろいろな憶測が飛び交っている。中国では過去にいろいろな惨事が起きているが、人災に限ると、35人を超えないルールがあるためだ。今回の発表では、36人になっているが、うち1人は台湾籍で中国の行政当局から見ると「外地」にあたる。

中国当局35人説はデマと警告

報道体制が整った90年台から現在に至る報道で、死者が35人を超えたものが実はない。四川地震などは、人災にあたらないので数万人の報道がされている。これが人災だと35人ピッタリで止まるのだ。ネット上には、これらをまとめたサイトや投稿が出回っている。

1993年4月,辽宁省大石桥市列车与大客车相撞,35人死亡
1995年3月,辽宁省鞍山商场火灾,35人死亡
1995年11月,山东省40多个县(市)遭受暴风袭击,35人死亡
1996年6月,云南曲靖假酒案,35人死亡
1997年5月,深圳黄田机场空难,35人死亡
2001年8月,新骊一卧铺客车在新沙千渠桥坠入渠中,35人死亡
2003年7月,河北省辛集市烟花厂爆炸,35人死亡
2003年7月,山东省枣庄煤矿发生透水,35人死亡
2003年8月,贵州省三穗县滑坡,35人死亡
2003年2月,贵州六盘水瓦斯爆炸,35人死亡
2003年12月,辽宁铁岭烟花厂爆炸,35人死亡
2004年8月,山西临汾矿难,35人死亡
2005年3月,江西上饶境内高速公路发生爆炸,35人死亡
2005年12月,河南新安煤矿透水,35人死亡
2006年4月,山西忻州爆炸,35人死亡
2006年7月,湖南省瑶岗仙钨矿矿区发生洪灾,35人死亡或失踪
2006年7月,广西台风,35人死亡
2007年4月,河南省平顶山煤矿爆炸,35人死亡
2007年7月,重庆暴雨,35人死亡
2007年X月,山东暴雨,35人死亡
2007年10月,福建莆田火灾35人死亡
2007年11月,贵州毕节瓦斯突出事故,35人死亡
2007年11月,湖北宜万铁路岩崩,35人死亡
2008年5月,一辆旅游客车在阿坝县遭遇滑坡,35人死亡
2008年5月,贵州洪灾,34人死亡
2008年6月,云南冰雹,34人死亡
2008年7月,河北蔚县煤矿爆炸,35人死亡
2008年8月,广西那读煤矿透水,34人死亡
2008年9月,山西襄汾矿难,34人死亡
2008年11月,云南泥石流,35人死亡
2009年9月,河南平顶山矿难,35人死亡
2010年5月,辽宁阜新交通事故,33人死亡
2010年6月,福建广西四川洪灾致,35人死亡
2010年8月,甘肃夭水陇南暴雨,34人死亡
2010年9月,广东洪水地质灾害,34人死亡
2010年9月,蟀虫叮咬致死,33人死亡
2011年6月,鄂湘暴雨,35人死亡

[时事聚焦]1993年以来神秘的35人死亡编制,其实我们都懂的(转载)_新闻众评_天涯论坛

このようなまとめについて、中国当局はそんな規定は存在しないし、デマだとして取り締まる姿勢を崩していない。

中国当局、ブログ情報取り締まり-デマ流布した6人拘束

規定上30人以上死亡なら特別重大事故

当局は生产安全事故报告和调查处理条例の規定に基づき、人数ではなく下記の方法で分別をしていると話している。

  • 特別重大事故 – 30人以上死亡、100人以上重傷または1億元以上の経済損失が出た事故
  • 重大事故 – 10人以上30人未満死亡、50人以上100人未満の重傷または5,000万元以上の経済損失が出た事故

以下、詳細な規定が設定されている。

事故死亡人数不会超过35人?这是谣言_社会_政经频道首页_财经网 – CAIJING.COM.CN

中国当局が話す内容の方が妥当だろう。その上で、当局は「安监总局:死亡人数“35人红线”说法不存在」と述べている。そのような規定は存在しないと。ただ、事故が起きるたびにこのデマが出てくるのは、中国人民の政府に対する不信感と報道に対する不満の現れではないだろうか。また、デマの取り締まりは妥当だが、やり方に対する人民のうっ積がこのデマの糧になっているのは間違いないだろう。