五一(黄金周)のチケット高騰中

中国生活

中国は国が定める法定祝日が、日本と比べると少ない。加えて祝日が分散しておらず、局所集中している。そのため春節のような長期休暇の前後は、民族大移動が起きる。今年のゴールデンウイークも同じようにてんやわんやになりそうだ。

国務院が3月22日に今年の五一(ゴールデンウイーク)について、以下のとおり発表を行った。事前予想では前倒しだったが、後ろ倒しになった。期間はもともと祝日だった5月1日(劳动节)を基本に5月1日から5月4日までの4日間となる。

各省、自治区、直辖市人民政府,国务院各部委、各直属机构:经国务院批准,现将调整2019年劳动节放假安排通知如下。

一、2019年5月1日至4日放假调休,共4天。4月28日(星期日)、5月5日(星期日)上班。

国务院办公厅关于调整 2019年劳动节假期安排的通知 国办发明电〔2019〕3号

足りない祝日期間を4月28日と5月5日に当て込む、悪名高い追加出勤となる。いい加減止めたらいいのに。

検索ボリュームが7倍/チケット価格が2倍

この決定を受けて、さっそく中国人民が旅行を企画し始めている。

オンライン旅行代理店である携程(Ctrip)のトラフィックは、前週と比較して検索ボリュームが7倍に激増、国際航空券の検索トラフィックも5倍に増えた。反応早すぎるぞ。

22日,携程数据显示,前往重庆、成都、昆明等热门旅游地的机票搜索量环比上周暴增超过7倍,国际机票搜索量大增5倍。

エイヤッで購入する人も多いようで、大都市と主要な観光地を結ぶ航空券は早くも高騰している。大連-香港を結ぶ国際線は、2時間経たないうちに価格が2倍以上に跳ね上がった。

どこへ行くかをさっさと決めて、早く手を付けておかないと争奪戦に巻き込まれる。毎日がサバイバルな中国らしい光景である。

チケットの争奪戦に乗り遅れたユーザからは、価格があっという間に数倍になった状況を嘆き悲しむつぶやきが多数投稿されている。

5月のゴールデンウイークも各空港や駅は、多くの人でごった返すのは必死である。海外脱出を図られる方は、期間をある程度前後させて早めの移動をおすすめする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました