秋月@陝西南路

シェアする

ワンコイン価格の良心店

秋月@陝西南路

中国上海の昼飯は高い。特に浦西の中心地である人民広場~陝西南路にかけては、暴力的な値段だ。まともなレストランで昼食を取ると、40RMB前後するが、20RMBからランチを提供するお店を見つけたのでご紹介。

場所

地下鉄だと陝西南路か黃陂南路のどちらか。ちょうど駅と駅の間にあるので、行きづらいかもしれない。淮海中路から成都南路に入って長樂路との真ん中に位置している。

秋月@陝西南路

近くまでたどり着けば、周りのお店とかなり異なる外観なのですぐにわかるはずだ。まさに、日本料理屋!という出で立ちである。

秋月@陝西南路

お店の中を見せたくないのか、それとも広告などを張りすぎて見えないだけかはわからないが、中が見えないので初心者にはハードルが高い。

システムと価格

怪しげな外観とは裏腹に、店舗内はとても清掃が行き届いている。また、老闆も非常にフレンドリーだ(ただし、日本語はほとんど通じない)。

秋月@陝西南路

ただ、内装があれもこれもで、文化祭の模擬店のような雰囲気ではある。メニューは昼メニューと夜メニューがあり、昼はランチセットが用意されている。価格は20RMB前後から。

秋月@陝西南路

見つけた当日頼んだのは、しょうが焼き定食。主菜に副菜x3に味噌汁がついて、28RMBという良心的な価格。お味噌汁もアツアツなので、太平洋百貨店の地下にある東京食尚よりいいかもしれない。

営業時間は昼前から夜の1時まで。クラブやマッサージなどの夜情報雑誌もおいてあるので、単身赴任にはありがたいお店だろう。