中国で使える12vpnの導入(2017年版)

シェアする

VPNサービスの申し込みから使い方まで

中国で使える12vpnの導入

中国に現在住んでいて、海外サイトがまともに開けない。おまけに、日本のクレカが使えず、中国のAlipay(支付宝)しか持っていない。そんな人もVPN導入は可能だろうか?答えは”Yes!”。それが、12vpnだ。説明通りに進めれば、英語ができなくても問題ない。導入までの流れをご紹介。

12vpnの特徴

1.中国から直接申し込みができる

中国で使える12vpnの導入-1.中国から直接申し込みができる

ほかの欧米系のVPN業者と比べると規模がかなり小さいせいか、中国当局からの規制がかかっていない。ほとんどノーチェックである。職場や別VPNアカウント経由の乗り換えなどが不要で、ネットさえあればすぐに始められる。2017年11月現在、中国電信、チャイナユニコムの固定回線とモバイル回線で確認したが、いずれも正常にアクセスができた。

2.Alipay(支付宝)も利用可能

中国で使える12vpnの導入-2.Alipay(支付宝)も利用可能

日本のクレジットカードがすでに期限切れ。その後の再発行もしていない。そんな人でもAlipay(支付宝)を使ってVPN購入ができる。もちろん、クレジットカードやPayPalなど多彩な支払い方法が用意されており、限られた支払手段しかない場合でも気軽に始められる。

※このAlipay支払いについては、中国身分証明証(IDカード)以外では支払いが利用できないとのこと。補足致します。

Alipay支払いができない外国人の場合は、銀聯(UnionPay)でも支払いが可能になっている。こちらはパスポート認証(身分証明証以外)で作られたものでも可能なので、クレジットカード決済をためらう人は、これを検討したらいいだろう。

3.面倒なIDやPWの管理が不要

12vpnの接続アプリは、IDやPWを含めた状態でダウンロードできる。そのため、他のVPN接続アプリでありがちな、IDやPWの入力が一切不要だ。接続アプリだけ保管しておけば、他のパソコンからでも使える。パソコンがクラッシュした時のために、セットアッププログラム自体を保存しておけば、いつでも再開が可能だ。

そのほか

ほかにも、以下のような特徴がある。

  • 接続アプリ対応:Windows, Mac(OS X), iPhone, Android, Linux
  • 同時接続数:無制限
  • 対応プロトコル:OpenVPN, PPTP, L2TP

同時接続数が制限なしというのもスゴイ。ただ、運営元が比較的小規模であるため、他のVPNと一緒に利用するのをオススメしたい。ここを導入後、HMAの予備またはメインとして利用することをおすすめする。

実際にやってみよう

ステップ1:サービス申し込み

1-1.プランの選択 その1

12vpnの公式サイトの下にある「Plans & pricing」または、右上にある「GET 12」をクリック。

中国で使える12vpnの導入(2015年版)-プラン選択

1-2.プランの選択 その2

プランを選択する。どのプランを選択しても構わないが、用途とスピードが異なるので要注意。特徴は以下のとおり。

中国で使える12vpnの導入(2015年版)-1-2.プランの選択 その2

  • 12 Basic:PCとモバイル端末向け。ただし、速度は8Mbpsまで。転送容量は無制限。
  • 12 Unlimited:標準版。PCとモバイル端末向け。最高速度1Gbpsまで。転送容量は無制限。
  • 12 Mobile:モバイル端末向け。データ転送容量が5GBまでなので、気をつけて欲しい。
1-3.契約期間の選択

契約期間を選択する。どの契約期間を選択しても構わない。特徴は以下のとおり。

中国で使える12vpnの導入(2015年版)-1-3.契約期間の選択

  • 6 MONTH PLAN:半年契約。
  • 12 MONTH PLAN:年間一括契約。総額でみると年間一括支払いすると安くなる。
  • 3 MONTH PLAN:四半期契約。1回あたりの支払額を抑えたい場合は、こちらを選択。
1-4.契約情報の入力 その1

契約情報の入力。各項目は下記の通り。クレジットカードまたはPaypalでの支払いをオススメする(理由は後述)。

中国で使える12vpnの導入(2015年版)-1-4.契約情報の入力 その1

  • Payment method:支払い方法
  • First name:名(ローマ字表記)
  • Last name:姓(ローマ字表記)
1-5.契約情報の入力 その2

中国で使える12vpnの導入(2015年版)-1-5.契約情報の入力 その2

  • E-mail address:メールアドレス。紛失防止のため、プロバイダーメールや会社メールが望ましい。

ここまで記入が終わったら、「Create my account(アカウント作成)」をクリック。

1-5.支払い情報の入力 その1

続いて支払情報を入力する。「Pay Now with Credit Card or Alipay」をクリック。

中国で使える12vpnの導入(2015年版)-1-5.支払い情報の入力 その1

1-6.支払い情報の入力 その2

支払いの項目名が、デフォルトでは英語になっている。ただ、左上の「Language(言語)」から日本語が選べる。日本語を選択すると、全項目が日本語になるので便利。

中国で使える12vpnの導入(2015年版)-1-6.支払い情報の入力 その2
1-7.支払い情報の入力 その3

日本語の内容にそって、必要項目を記入する。

中国で使える12vpnの導入(2015年版)-1-7.支払い情報の入力 その3

セキュリティーコードについては、下記コラムを見て欲しい。

クレジットカード・セキュリティコードの場所

クレジットカードのセキュリティーコードの場所は?

申し込みが完了すると、メールでアカウントの発行が行われる。メールの内容は保存するなり印刷するなりして保管しておく。

ステップ2:接続アプリのインストール

2-1.接続アプリのダウンロード その1

アカウント発行後、公式サイトへ行く。画面右上にLOGINがあるので、クリック。または、アカウント発行時のメールにログインサイトが記載されているので、これを直接クリックしてもいい。

中国で使える12vpnの導入(2015年版)-2-1.接続アプリのダウンロード その1

2-2.接続アプリのダウンロード その2

ログインすると、「Setup instructions」の中に「VPN」があるので、これをクリック。

中国で使える12vpnの導入(2015年版)-2-2.接続アプリのダウンロード その2
2-3.接続アプリのダウンロード その3

今回は、Windows環境で試すので、Windowsタブをクリック。その中から「Viscosity VPN」をクリック。

中国で使える12vpnの導入(2015年版)-2-3.接続アプリのダウンロード その3

ほかのOSで使う場合は、それぞれのタブをクリックすることで、同様にダウンロードできる。

2-4.接続アプリのダウンロード その4

「Get Viscosity for Windows」をクリック。ダウンロードが始まるので、デスクトップまたは適切な場所に保存。

中国で使える12vpnの導入(2015年版)-2-4.接続アプリのダウンロード その4

2-5.接続アプリのインストール その1

ダウンロードしたセットアッププログラムを選択して、右クリックをすると「管理者として実行」というのがあるので、クリック。管理者権限で実行しないと、途中で失敗するので要注意。

中国で使える12vpnの導入(2015年版)-2-5.接続アプリのインストール その1

2-6.接続アプリのインストール その2

画面自体は英語だが、見慣れたインストール画面が出てくる。あとは、黙って「Next(次へ)」をクリックするだけでいい。

中国で使える12vpnの導入(2015年版)-2-6.接続アプリのインストール その2

途中で下記のような画面がでてびっくりするかもしれないが、「SparkLabs Pty Ltdからのソフトウェアを常に信頼する」にチェックを付けて「インストール」クリック。

中国で使える12vpnの導入(2015年版)-2-6.接続アプリのインストール その2

ここまでできれば完了だ。

ステップ3:使ってみる

3-1.接続アプリの起動

インストールが終わったら、スタートメニュー→Viscosityをクリックして起動。

中国で使える12vpnの導入(2015年版)-3-1.接続アプリの起動

3-2.接続先の選択

サーバ一覧が出てくるので、接続先を選んで右クリックして「Connect」(接続)をクリック。この例では、東京サーバへ接続をしている。

中国で使える12vpnの導入(2015年版)-3-2.接続先の選択

「Connecting」(接続中)と出れば成功。距離を考えると、JP Tokyo(東京サーバ)か、CN Hong Kong(香港サーバ)が妥当だ。それ以外は、現地からサーバ距離が長くなるのでレスポンスがよくない。

中国で使える12vpnの導入(2015年版)-3-2.接続先の選択

おまけ1:タスクバーからの操作

タスクバーからの操作もできる。もしも、画面が占有されるのは嫌いであれば、直接操作することもできる。

中国で使える12vpnの導入-おまけ1:タスクバーからの操作

こちらの方が画面遷移が少ないので、作業をしているときは便利である。

中国で使える12vpnの導入-おまけ1:タスクバーからの操作

おまけ2:自動スタートと自動アップデート

ものぐさな人は、自動スタートと自動アップデートをチェックしておくといい。

中国で使える12vpnの導入-おまけ2:自動スタートと自動アップデート

速度テスト

中国電信 光回線30Mbps環境で速度テストをしてみた。VPNなしで上海テストサーバへ30Mbps前後、日本テストサーバへ10Mbps前後出ている。VPNの接続後は、おおむね以下の速度だった。回線実行速度に対して70%ほど。

中国で使える12vpnの導入(2015年版)-速度テスト

考察:Alipay(支付宝)での支払い

この考察は個人的な考えで、裏付けはない。ただ、読み物として読んで欲しい。

中国では、当局の監視が年々強化されている。その流れでVPNには強い逆風が吹いている。最大手ECサイトであるタオバオ(淘宝網)では、VPNの販売が禁止され現在では検索すらできない。

VPN導入が不可能になった淘宝網

中国のIT系、金融系の会社は中国当局の政商という性格を強く持つ。Alipay(支付宝)の運営元、アリババ集団の馬氏は海外から非難轟々だった中国国際インターネット会議の目玉出演者の1人である。

さらにアリババのジャック・マー会長(50)は「中国のインターネットは国内の社会生活や経済を激変させただけでなく、世界のネット社会の発展においてもユニークな価値を提供した」と語り、ネット社会における中国の存在感を誇示してみせた。

中国の世界ネット会議に批判の声「統制と抑圧」検閲正当化狙う

海外で運営しているVPNサービスの場合、中国当局がクロと認めた場合でも、摘発は難しい。なぜなら、警察権が及ばない上、人権蹂躙のひどい中国に国際社会がかんたんに応じることはないからだ。ただ、中国国内なら別だ。万が一、Alipayで支払っていた業者が摘発された場合、支払いアカウントの個人情報をアリババは喜んで中国当局に提供するだろう。業者が摘発された翌日に、警察が玄関や会社までやってくる可能性が否定できない。

中国で自分を身を守るためにも、個人情報を可能な限り出さない、海外でなるべく処理する癖をつけたい。皆さんのお役に立てれば幸いだ。

コメント

  1. tuneo5707 より:

    アプリをDLできません

    • tuneoさん

      コメントありがとうございます。
      どういう状況でしょうか。サイトが開けないとかでしょうか?
      12vpnからのメールは届いていますでしょうか?
      #名前が実名っぽいので、変更させていただきました。

  2. baoan-man より:

    サイトマスタ様

    詳しいガイドありがとうございました12vpn無事につながりました
    サイトの配置が変わったようであれこれ探して以下から
    https://getsetupfile.com/downloads/
    PC用ダウンロードして接続できました。
    当方英語がだめなので日本経営の果物名とか山の名前を試しましたが
    クライアント増加/サーバ設置位置が選択できないためか10秒くらいで途切れ途切れこれで有料サービスかとお話になりませんでしたが12vpnですと半日でも嘘のように途切れませんで快適です
    今度はご紹介の1番目2番目のVPNも試してみたいです、ありがとうございました。

    • baoan-manさん

      コメントありがとうございます。
      12vpn無事につながったこと、良かったです。

      サイトの配置自体は適時変わるので、本サイトでも随時更新をかけていきますね。
      日本経営の果物系とか山系とかは、簡易構築しているだけなので安定性と速度に欠けると思います。
      安定したvpnライフを楽しんでください!

  3. 北京在住 より:

    Alipayでは支払えませんでした。Alipayのアカウントはパスポートで実名認証済みですが、非身分証ユーザーはこの取引を行えないというエラーメッセージが出ます。12vpnのサポートに問い合わせたところ、Alipayで国外の商品を購入する場合、中国の身分証のアカウントでなければならないとのことでした。

    • 北京在住さん

      コメントありがとうございます。
      Alipayの件、ありがとうございます。
      私自身は支払いを全部Paypalでやってしまうので(と言うか、Alipayアカウント持ってない)そのまま記載していました。
      あとで記事を訂正しておきます。

  4. サミー より:

    こんにちは
    12VPNをダウンロードするために、このサイトを参考にして作業を進めましたが、マイアカウントを作成し、

    1-5.支払い情報の入力 その1
    「PAY NOW」をクリックしました。

    しかし、画面1-6.支払い情報の入力 その2 かわりません。
    もし、お分かりになるようでしたら教えてください。英語のためサポートセンターに問い合わせることもできなくて。

    もう、どうしようもない場合違う会社にしようとも考えてます。その場合注文した分はどうなるのでしょうか。

    よろしくお願いします。

    • サミーさん

      コメントありがとうございます。
      クリックしても画面が変わらない場合は,ブラウザかネットが原因です。
      他のブラウザで試してみてはどうでしょうか?
      広告排除のアドオンやアンチウイルスソフトウェアがある場合は,一時的に無効にしたりすると概ね直ります。
      ちなみに,記載が終わっていなければ契約不成立なので,お金をとられることもありません。

  5. サミー より:

    お返事ありがとうございますサミーです。
    先ほど、12サポートより
    ・ユーザーネーム
    ・パスワード
    がメールにて配信されてきました。

    支払いしていないのにパスワードが届いたのでビックリしたんですが、試しに明日ログインしてみようと思います。
    上手くいかない場合、お世話になるかもしれませんがよろしくお願いします

    • サミーさん

      コメントありがとうございます。
      ユーザネームとパスワードが配信されているとすると,申し込み自体は完了しているのかもしれませんね。
      ただ,14日以内であればいつでも解約可能なので,まずはトライしてみてもいいと思います。
      キャンセルする場合も,その旨1行書いてメールすれば勝手に手続きしてくれるので面倒ではないです。
      何かあったらまたコメントしてください。

  6. yoshi より:

    はじめまして。いつからかは不明ですが、この12vpn、銀聯カードでの支払いができるようになっていました。パスポート登録のカードでです。