VPN Gateの無料VPNを中国で使う方法

シェアする

VPN Gateを中国でどうにか使う

VPN Gateの無料VPNを中国で使う方法

日本主催のボランティアのVPNネットワークグループと言えば、VPN Gateである。無料で使えるありがたいVPNなのだが、これを中国で使えないのか方法を考えた。

VPN Gateとは?

VPN Gateは、SoftEtherを開発した筑波大学大学院のエンジニアが始めた学術ネットワークである。

VPN Gate 学術実験プロジェクトは、日本に所在する筑波大学における学術的な研究を目的として実施されているオンラインサービスです。本研究は、グローバルな分散型公開 VPN 中継サーバーに関する知見を得ることを目的としています。

VPN Gate の概要

本プロジェクトの詳細は、公式サイトを見るのがもっとも参考になる。しかし、サイト(ドメイン自体)が中国政府から規制されている。

VPN Gateの無料VPNを中国で使う方法

2013年3月開始らしいが、当月から規制されている。中国共産党には、学術上の自由もないようである。

公開サーバへの接続に必要なもの

このプロジェクトは、VPNのプラットフォーム(SoftEther)と情報共有手段を公開しているだけで、VPNサーバを公開しているわけではない。したがって、中国からVPNを利用する場合、以下の2点が必要である。

  • VPNの接続ソフト(または手動設定)
  • 接続先である公開VPNサーバのアドレス

接続ソフトは下記サイトからダウンロードが可能。こちらも、不定期に中国政府が規制しているため、ダウンロードできるかどうかは運次第。

ダウンロード – SoftEther VPN プロジェクト

ソフトをダウンロードして、インストールしたあとに必要なのが、接続先のVPNサーバアドレスだ。

公開VPNサーバの一覧入手方法

VPNサーバの一覧は、下記のサイトで公開されている。いずれもボランティアで公開している世界中にあるVPNサーバだ。

VPN Gate 公開 VPN サーバー一覧

ただし、このページ自体も規制されており閲覧が不可能。本プロジェクトでは、この規制を想定し、ミラーサーバが用意されているので、下記一覧を試してみて欲しい。

運良くミラーサイトを開くことができたら、やってほしいことがある。

「VPN Gate ミラーサイト URL メール配信サービス」に申し込むことだ。これは、公開VPNサーバの一覧を、メール配信で毎日3回共有してくれるというありがたいサービスだ。

あとは、この一覧に基づいて、接続をすれば完了である。

無料VPNは結局どうなのか?

VPN Gateの無料VPNを中国で使う方法

これらの情報はすべて公開されているために、中国政府の規制とのイタチごっこになる。すべてのサーバがブロックされる可能性は低いが、1つ1つボランティアサーバをチェックするのもかなり骨が折れる。

ボランティアで提供されるVPNサーバなので、いつダウンするかはわからないし(間借りしている以上当然である)、パフォーマンスは保証されない。

結局、外出先で一時的に使うのであればいいのだが、常時使うのであれば他の方法を検討したほうがいいかもしれない。