武漢肺炎

シンガポール

6月19日から経済本格再稼働へ

シンガポール政府は第2フェーズへの移行を今週発表すると予告していたが、今日正式に6月19日より移行することを発表。個人向け店舗含むほぼすべての経済が再稼働に向けて動き出す。
0
シンガポール

第2フェーズは早ければ6月末

シンガポールでは来週から始まるLockdown解除と第1フェーズにあわせて、第2フェーズの時期と可能になる事項を列挙・公開した。経済活動再開のためのスケジュールが着実に進んでいる。
0
シンガポール

各機関・媒体のロックダウン解除のまとめ

シンガポール政府や各機関および媒体がまとめた各フェーズごとにできること、その内容についてまとめた画像が出回っているので、こちらに転載。
0
シンガポール

武漢肺炎:ロックダウン解除は3段階方式

シンガポール政府の特別タスクグループは4月頭から始まったロックダウンの延長をせず、6月2日より段階的に経済活動解除に踏み切る。
2020.05.20 0
シンガポール

武漢肺炎:メイド転籍期間が7日間から14日間へ延長

武漢肺炎後の経済活動再開に向けて、政府や民間が動き出している。シンガポールは多くの世帯が共働きなので、学校再開とメイド確保という主軸でも動きがあるので記載。
0
シンガポール

武漢肺炎:無料マスクと新ビジネス

シンガポールで無料マスクを配布する自動販売機の情報が続々。武漢肺炎は根本治療がない。そのため、第2、第3のパンデミックを見越したサブスクリプション型のマスクビジネスが今後は有望株なのかもしれない。
0
海外よもやま話

武漢肺炎:”国際”ではない東京”国際”郵便局

武漢肺炎(ことCovid19)にからんで東京国際郵便局が色々とヒドイ。4週間以上も荷物が滞留している上に、問い合わせ窓口が”国際”じゃない。
2
海外よもやま話

武漢肺炎とBCG

武漢肺炎が中国外で蔓延したころから囁かれているBCG効果説。某ジャーナリストがBCG効果で早期鎮火するとおっしゃっていたので軽く確認。
0
中国インターネット

武漢ウイルス研究所のスタッフが海外で亡命申請中

新型コロナウイルス(Covid-19)は武漢より広がったとされる。その武漢にある中国科学院武漢ウイルス研究所に所属するスタッフが海外で亡命申請をしたとのこと。
0
シンガポール

武漢肺炎:経済活動を段階的に再開へ

シンガポール政府の武漢肺炎特別チームは、経済活動の再開に向けた段階的な処置を決定。外国人出稼ぎ労働者向けの寄宿舎(dormitory)ではまだ発生しているものの、ローカルでの感染減少を受けたもの。
0
タイトルとURLをコピーしました