シンガポールの結婚条件『5C』

シンガポール
この記事は約2分で読めます。

海外でタクシーに乗ったとき、なるべく運転手と話するよう心がけている。これは現地を知りマーケティングに活かしたいという高尚な考えから来ている…わけではなく、居眠り運転されて事故るのを避けたいためである。

つい先日、マレーシアで日本人選手を乗せた車が事故を起こして、運転手が死亡、選手他4人が大怪我を負っている。

Malaysia highway accident kills 1; Japanese shuttler Kento Momota among 4 others injured
KUALA LUMPUR: Badminton world number one Kento Momota was injured in a pre-dawn vehicle collision in Malaysia on Monday (Jan 13), just hours after ...

時間帯から考えて、居眠りか寝ぼけてたのか、車がいなくてスピードを出しすぎのどれかだろうと考えるし、実際そうだったのだろう。

タクシーの運転手はどの国でもさほど高収入ではない。そのため話の内容も大したことがないのだが、たまに面白い話も聞ける。それがタイトルの5C(s)である。この5Cで検索してみるとWikipediaに記事が載っているくらい有名。会食で聞いてみたら現地のシンガポール人も口を揃えて反応する。

Five Cs of Singapore - Wikipedia

5Cというのは

  • Cash(現金)
  • Car(車)
  • Credit card(クレカ)
  • Condominium(高級アパート)
  • Country club(会員証)

なんてことはない、有车有房のシンガポール版。現金は(おそらく)結納金。タクシー運転手曰く『なんでシンガポール人女性が結婚しないのかって?そりゃ、考えてみろよ、コストが高すぎるのさ』とのこと。

中国では学区のためのマンションが必要はわかるが、シンガポールのコンドミニアムは最低1億円から始まるので難易度は中国大陸よりも高い。

かくしてシンガポールは移民政策と多民族国家を選択せざるを得ないのかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました