一帯一路会議とネット規制

シェアする

来週日曜日から北京で開催予定の一帯一路国際会議に伴い、複数のVPNサービスが遮断されている模様。

今回の一帯一路国際会議は正式名称が「一帯一路国際協力ハイレベルフォーラム」で、今年の冒頭に発表されていた。この会議には中国政府が力をとても入れており、各国から要人が集まるため大使館からも注意喚起が出ている。

5月14日から15日に開催される「一帯一路国際協力ハイレベルフォーラム」に伴い、北京市政府から、11から12日にかけての交通への影響について発表されています。

1 道路交通の影響(一時規制、渋滞)
北京市政府(北京市公安局)から、10日以降毎日、道路交通状況が発表されています。詳しくは北京市政府ホームページ(http://www.beijing.gov.cn/)で最新の情報を確認してください。
また、12日午後から夜にかけ、東二環路(東直門から建国門橋)から東三環路(三元橋から国貿)外側までの一帯、酒仙橋エリア付近において、激しい渋滞が発生しやすいとされています。

2 地下鉄の一部駅の封鎖
11日以降、以下の駅の封鎖が発表されています。列車はこれらの駅には停車せずに通過します。
(1)1号線天安門西駅、天安門東駅、2号線前門駅、6号線北海北駅、4号線西四駅
(2)乗り換え駅:軍事博物館駅(1号線と9号線)、車公庄駅(2号線と6号線)、平安里駅(6号線と4号線)
このほか、12日から14日まで、オリンピック公園駅(8号線と15号線)も一時封鎖となります。

3 要人が宿泊するホテルの周辺
 北京市東部にある高級ホテルの多くは、要人が宿泊するホテルに指定されています。要人の宿泊するホテルでは、周辺での駐車規制、安全検査等が行われていますので注意してください。

これに付随してなのか、ネットでは書き込みが削除されたり、海外へのVPN接続が難しくなるなど恒例のイベントが発生している。一帯一路に参加する国や地域には、ネット規制しているところが少なくないためか、金盾のシステムやノウハウを中国が輸出しようとしているという報道もある(ただし、日本のマスコミは一切報道していないが…)。

制限されたVPNサーバのほとんどがアドレス変更や接続アプリの更新などで対策が終わっているのであまり大きな混乱はないのだが、注意深く見守る必要がありそうである。