日本語TV業者夜逃げと対応策

シェアする

電話がつながらない!

日本語TV業者夜逃げと対応策

取り締まりで一網打尽なのか、iHome TVの内紛かわかりませんが、数日前から業者の元締めと電話がつながらなくなったようです。取次業者で逃亡しているところもあり、どう見ても夜逃げです。本当にありがとうございました。

ちなみに、私の取次業者は逃げておらず、電話で次の説明をしてくれた。

  • iHome本体は当局の摘発受けて壊滅(逮捕されたと言っている)
  • 運営元の他スタッフは逃亡済(連絡不能)
  • その上で、同様のサービス自体はあるので切り替え作業を継続している(本当か?)

いずれにしても、中国社会や中国ビジネスを縮図にしたようなネタになったので、ヨシとする。iHome TV騒動はこれで終了。

日本語番組どうしよう?

業者は諦めるとしても、日本語の番組が見られないのは不便。そこで、対応策をいくつか考えてみた。

1.ロケーションフリー

ロケーションフリーを使うとTVを遠隔操作することができる。かんたんに言えば、日本からTV内容を転送することができる。詳細は、相互リンク先サイトをご覧あれ。

海外で日本のテレビを見たいのに見られないから対策を考えてみた

冗談は顔だけにしてよね

ただし、これは取得元(ロケーションフリーをTVアンテナと接続する場所=日本)が必要である。海外で見る場合は、日本にネット回線などが必要となるので、初期投資・ランニングコストともに割高になる。

また、万が一の故障時には現地で対応してくれる人が必要なので要注意。

2.ストリーミングサービス

これは、最近話題になっているNetflix、HuluやAmazon Premium(のうちVideoサービス)を利用する方法だ。毎月の負担額は数千円で収まるのでコストはロケーションフリーに比べれば格段に安い。

比較:Netflix、Hulu、dTV…5つの動画配信サービスのどれが良いのか? | ライフハッカー[日本版]

これらのサービスの最大のメリットは、必要な時に加入し、要らなくなったら解約ができることだ(月単位ではあるが…)。

こちらも、注意点がある。視聴できる範囲が、提携しているコンテンツ業者次第ということだ。Amazonのコンテンツは利用したことがあるが、かなり古い内容だった。

3.野良ネットサービス

中国では著作権に対する意識が変化しつつある。当サイトでもお伝えしている通り、権利関係への強化が立法と行政双方で強化されている。ただ、以前の中国と比べて…であって、先進国と比べるとゆるゆるなのは否めない。依然として、TVプログラムまるごとアップロードされたサイトは複数ある。

中国にいる以上、こういったサイトを活用しない手はない。

野良ネットサービスで日本語番組

日本語TV業者夜逃げと対応策

個人的にオススメしたいのが、下記の2サイトだ。

诸神字幕组 | 做最好的中日双语字幕

MioMio弹幕网 – ( ^ω^)你是我的Master吗 – miomio.tv

前者はTorrentを利用した動画配布サイト。後者はストリーミング(ニコニコ動画やYoutubeと同一)を利用している。それぞれ一長一短だ。

前者はTorrentを利用している。動画の破片は、中国国内で拡散するため集めやすいが、1話ごとに動画ファイルが生成される(30分の番組で500~800MB程度)のと、ダウンロードに時間(3~4時間ほど。散布状況次第)が多少掛かる。Torrent自体の利用は他のサイトでも紹介されているので割愛。ちなみに、中国で拡散している同種類のソフトは「訊雷」である。

後者はストリーミングを利用しているので、ダウンロードにかかる手間は一切ない。ただし、動画本体が海外サイトにあるため、VPNがないと視聴ができない。これは、海外コンテンツの取り締まりと関連している(参考記事:社会政策・産業政策の岐路に立つ中国)。また、広告がかなり目障りである。

両サイトともに、著作権法上問題オオアリなので、自己責任で利用してほしい。

コメント

  1. クニ より:

    鳳梨de中國様

    リンクを貼って紹介頂きありがとうございます。
    蘇州在住日本人コミュニティーでもテレビが見られない事の話題がつきないようです。
    直近で言うとLINEの取り締まりのように突如として現れた規制ですね。
    LINEの時と同じように余り期待をしない方が良いのかもしれません…
    不憫な世の中になりましたね(笑)
    年末前に一時帰国しますのでロケフリを再設置してこようと思っております。

    • クニさん

      毎々ありがとうございます。
      ロケフリ設置したら是非記事ヨロシクお願い致します。
      こちらからもリンク貼りますので…(他力本願)

    • 中国の田舎 より:

      いつも情報拝見しています。

      ロケフリ情報です。
      楽天でWiTVで検索できます。
      COSTEL JAPAN インターネット映像通信システム WiTV CVS150-CA/【送料込】
      3,185 円送料込
      (もちろんネット回線とHDレコーダーなどの受信機が必要です。)

      少し前までは使えてました。数Mbpsあれば大丈夫なようです。
      (今はアップデートが必要なようでパスワードで止まります)

      今はVPN+GAYOで我慢しています。
      ご参考まで。

      • 中国の田舎者さん

        コメントありがとうございます。
        ロケーションフリーは便利だと思うのですが、メンテナンスの手間と緊急時の対応がしてくれる人がいないとなかなか踏み切れないですね。
        結局、VPN+ネットコンテンツで済ませるのが王道のような気が致します。

  2. natukokko より:

    ニュージーランドでI HOMEを視聴しているものです。
    こちらで視聴している中でここ半年以降にボックスを購入した方は
    現在 何の問題もなく視聴し続けているとのことです。
    私は一年前に購入しボックス自体も古い型で、現在他の方と同様死亡中です。
    ちなみに みんな同じ代理店から購入しています。
    業者の方に 新しい型のボックスとの交換をお願いしたところ
    ディスカウントはあるものの、再購入という形で
    見積もりを送ってきました。
     ご参考までに

    • natukokkoさん

      コメントありがとうございます。
      ニュージーランドでもiHomeってあるのですね。
      ちなみに、似たような事を代理業者も言っていました。
      ボックスの差し替えになりそうな感じです。

  3. Kelly より:

    こんにちは。いろいろな情報をありがとうございます。参考にしています。
    MioMio、私も見ています。去年の国慶節の時は見れなかったのですが、今年の春節は大丈夫だったようですね。
    bilibiliというサイトにも日本の動画があります。
    http://www.bilibili.com/
    他にも中国語翻訳を行っているチームのサイトもあり、ドラマがメインなのですが、ドラマのタイトルが中国語になっています。百度クラウドなどを使ってのダウンロードとなります。
    http://pssclub.com/forum.php?mod=forumdisplay&fid=2&page=1

    • Kellyさん

      毎〃コメントありがとうございます。
      ドラマのタイトルを探すのに若干手間取るものの(検索精度が悪くて…)、それさえ乗り越えられればかなり快適ですよね。
      これで、あとはシリーズ物を快適にダウンロードできればいいんですが…。

  4. Tina より:

    初めまして
    vpnの検索でこっちのサイトにたどり着きました。
    TV業者夜逃げを知り合いから聞いたので、仕方なくロケーションフリーを設置しました。日本では問題なく見られましたが、上海に来ていると、画像がカクカクで全然だめでした。
    電信局に電話して、100MBまで引き上げたのですが、スムーズに見られる時が少なかったです。
    鳳梨de中國さんのサイトでvpnについて、勉強になった、結局VPNを通して、日本の番組が見られるようになりました。
    必要な情報が沢山あるサイトですね。ありがとうございました。

    • Tinaさん

      コメントありがとうございます。
      もともとあの手のストリーミングにはかなり太いネット帯域が必要なので、綺麗な画面を見るには適していません。
      同じ理由からHuluやNetflixも同じです。
      こういうのが快適に見られるのは、結局サーバから近くネット環境が安定した欧米・日本やシンガポールなどくらいじゃないかと…。