飲み会を除く

よもやま話
この記事は約1分で読めます。

武漢肺炎に対して、シンガポール政府が対応レベルを引き上げたことを受けたことは既報のとおり。街中の人が多いところには検温所等が設けられており、ピリピリした空気を感じる。

日用品が消えたスーパーマーケット
昨日(2月7日)、シンガポールの保健省(MOH:日本の厚生労働省相当)が警戒レベルを上から2番めのオレンジに引き上げを行った。このレベルはSARSと同じレベルで感染症に対してシンガポール政府がとても警戒していることを示している。

在シンガポールの日系企業の集まりである日本商工会議所(JCCI)もこれを受けて各種イベント等の可否について、基本方針をメールで通知。

本会議所としましては、 現時点で下記の方針により各種行事を開催・中止・延期する予定としておりますので、皆様にご案内申し上げます。

<基本的な方針>

〇JCCIが主催する不要不急の大規模の事業、感染リスクが高いと考えられる事業は、原則として中止・延期とする<例>セミナー、見学会等

ここらは政府の基本方針と同じで、ふむふむと読み進めたのだが…

〇ただし、中・小規模の事業、感染リスクが低いと考えられる事業は、実施する。<例>小規模な委員会・懇親事業(ゴルフ等)、理事会等

例の中にさらっと懇親会を入れ込んで来ているのにクスッと来た。ゴルフはええのか。憶測だが、ゴルフは飲み会とセットと思われる。小規模だからいいのかね?

笑いを取りに行く意気込みに心打たれる今日このごろ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました