無料VPNは中国で使えるか?9サイト検証

シェアする

中国おすすめVPNサービス

この無料VPNの記事は1年以上前のものです。最新記事はこちら

中国では、Google, Facebook, Twitterなどほとんどの海外サービスが使えない。その回避策がVPNである。世界中に無料のVPNサービスがたくさんあるが、どれだけ使えるのかチェックしてみた。

無料VPNの今はどうなのか?

無料VPNは中国で使えるか?9サイト検証(2015年版)

中国で使えそうなVPNを分類分けすると支払いが必要なもの(有料)、不要なもの(無料)がある。また、運営主体の所在地で中華系、欧米系、日系の3種類がある。この中から無料VPN9サイトの現状を調査した。

無料VPNを巡る中国当局の規制攻防

無料VPNの最大のメリットは、お金がかからないことだ。日本または海外のクレジットカードを持たない人やVPNの効果を手軽に試したいなら便利である。クレジットカードは番号を盗難されると面倒なので、避けたい人もいるだろう。無料のVPNには、登録すら必要ではないのもあるので、迷惑メールの心配もない。

ただ、現在中国当局は海外の情報を見られるVPNを駆逐しようとしている。昔は無料のものが規制対象となっていたが、クレジットカードが普及した今、有料含めて当局が徹底規制している。

中国政府がついに強硬手段に打って出た。国内の大手キャリア3社に対して個人利用のVPNアプリが行う通信を、すべて遮断するように要請(命令)してきたのだ。だが、技術的に可能なのだろうか?

習近平が台頭した2012年秋からは、規制の強化と人力・AIを使った検閲に力をいれて来ている。その実態は当局が認めていないので、推測するしかない。一部のニュースでは約3~5万人を動員して検閲していると言われている。

「10万人規模の“サイバーポリス”が存在しているといわれ、公安部だけでなく人民解放軍総参謀部などでも配備されている。中国の公安部は1000万人規模で、しかも中国は国防費以上に治安に予算を多くかけている。ネット対策にそれだけの人員を割いていても不思議はない」

中国10万人サイバーポリスも限界 自動検閲システム実用段階│NEWSポストセブン

伝聞情報を掲載する場合は、よく精査する必要がある。ただし、中国政府が情報を一切公開していないこと、公には規制・検閲をやっていないとしている以上やむを得ない。規制対象には、無料VPNも当然含まれている。

無料VPNをおすすめしない理由(ワケ)

なお、検証結果の前に、結論を述べておこう。無料VPNを当サイトは、以下の理由からおすすめしない。

  • ほとんどの無料VPNは、代替サーバやアドレス、ドメインなどを持たない。規制されるとお手上げ
  • 一般の中国人は(海外利用可能な)クレジットカード持っていない人が少ない。また、サービスにお金を使う意義がわからないので、無料VPNに殺到するため規制されやすい
  • 運営者も営利のために運営していないので、パフォーマンスなどに無関心。テキストを見るのが関の山

ほかにも無料VPNはアプリをインストールさせるものが複数ある。この無料VPNアプリにウイルスやキーロガーと呼ばれるマルウェアが入っていた事件は枚挙にいとまがない。セキュリティの面からもおすすめできない。

こういったセキュリティに関しては別記事で詳細を述べているので、こちらも参考にしてほしい。

最近、日本の街角で「FreeWifi」のロゴを見かけることが多い。文字通り、ネット接続が無料なのだ。旅行や出張などの出先で、高速なネット回線が使えるのは便利は便利である。しかし、使い方を間違うと自殺行為なのだ。無料サービスに潜む危険性と対策を解説。

とは言え、中国から使える無料VPNは、まだ生き残っているのだろうか?

中国で使える無料VPN一覧

テストを実施したネットワークは、VPNを使っていないとき[yahoo.co.jp]にping(ネットワークの反応速度)を測ったら平均83msだった。また、ダウンロードが概ね6Mbps程度出ていた。この値を参考値として、見比べてみる。

1.VPNMask [OpenVpn & PPTP]

  • サーバ所在地はヨーロッパ
  • サーバ数は3台

公式サイトは問題なし。

接続に失敗。VPNサーバにはアクセスできるので、許容人数が少ないのかもしれない。

2.PPTP VPN [PPTP]

  • サーバ所在地はアメリカ
  • サーバ数は1台

テスト結果

  • ネット効率は500ms前後
  • ダウンロード速度は0.27Mbps
  • アップロード速度は0.15Mbps

テキストベースならとても快適。Youtubeなど動画は厳しい。

3.FreeVPN.me [OpenVPN & PPTP]

  • サーバ所在地はアメリカ
  • サーバ数は1台

テスト結果

  • ネット効率は640ms前後
  • ダウンロード速度は0.12Mbps
  • アップロード速度は0.05Mbps

テキストベースなら比較的快適。大きなサイトを見ると、かなりイライラ。

4.VPNMe.me [PPTP]

  • サーバ所在地はドイツ、アメリカ、ロシア
  • サーバ数は4台

接続に失敗。VPNサーバにはアクセスできるので、許容人数が少ないのかもしれない。

規制された無料VPN一覧

5.VPN Gate 筑波大学による公開 VPN 中継サーバープロジェクト

公式サイトに接続できず。接続にも失敗。

ただし、中継サーバのリストを取得できれば、接続は可能。接続後のスピードやレスポンスは、公開しているVPNサーバ次第。詳細は以下の記事を参考にしてほしい。

VPNサーバを運営するボランティアグループがある。日本の筑波大学が主催するVPNネットワークグループであるVPN Gateだ。無料で使えるありがたいVPNなのだが、これを中国で使えないのか方法を考えた。

6.Get A Free VPN Account

公式サイトに接続できず。接続にも失敗(2015-04-06 リンク先消滅)。

7.Free VPN [PPTP & OpenVPN]

公式サイトに接続できず。接続にも失敗。

8.中国でネット規制回避・つながるもん|twitter(ツイッター)Facebook(フェイスブック)

公式サイトに接続できず。接続にも失敗。長期間にわたって放置されている。

9.無料VPNなら【パンダVPN】|中国でもLINEやFacebookに無料で接続!radikoをエリア外・地域外でも聞くことが可能!

公式サイトに接続できず。接続にも失敗。

無料VPNと有料VPNの速度差は?

有料VPNを利用した場合の結果は69msで、ダウンロード3.58Mbpsだった。物理ネットワークに対して約60%前後の利用率になる。無料のVPNと比べると反応が1/10、速度は10倍以上だった。

無料VPNは中国で使えるか?9サイト検証(2015年版)-有料VPNの反応と速度

気をつけておきたい無料の罠

無料VPNは非常に便利で魅力的だが、提供元(VPNサービスの運営元)のみきわめが必要だ。このみきわめを誤ると、個人情報の流出になりかねない。こちらも別途記事があるので、こちらを参考にして欲しい。

VPNを魔法の箱や魔法のランプのように考えていないだろうか?まるで、中国共産党の悪夢を取り払ってくれるまじない師のように。しかし、選択を誤るととんでもない災難が自分に降りかかる。VPNの危険性-零細VPNサービスのお話。

無料VPNのまとめ

テキストベースの接続ならば快適なものもある。Googleで調べ物をするならば十分便利だ。

無料には、無料の良さがある。しかし、FacebookやTwitterなど画像の多いサイトでは、正直厳しい。YouTubeなどだと使いものにならないだろう。また、中国当局の規制が予想できないので、複数確保しておくのが望ましい。

当サイトでも、中国で使えるVPNサービスをこちら(記事:中国おすすめVPN)で紹介しているので参考になれば幸いだ。