日本語完備!中国で使えるVyprVPNの使い方(2018年版)

シェアする

中国おすすめVPNサービス

VyprVPNのサービス特長から使い方まで

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-VyprVPNのサービス特長から使い方まで

日本を含む海外はもちろん、中国でも快適にネット規制を回避できるVyprVPNを紹介。海外大手ながら接続アプリが完全日本語対応。VPNサービスの速度ランキングでも常連だ。管理人も使っているこのVPNサービスの特長から、使い方までじっくり解説。

サイトはほかの大手同様で英語だが、以下の画面どおりに操作すれば英語ができなくても「3ステップ 5分でできる」ので、申し込み方法についても解説。

すぐに使ってみたい人はこちらから↓

スマホ(iPhone & Android)から使う

パソコン・タブレットから使う

VyprVPNは、ここが違う!

1.接続アプリが完全日本語化

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-1.接続アプリが完全日本語化

全世界にVPNサービスを提供する会社は数多くいる。AppleのiOS上から700近いVPNアプリ削除されたとニュースが流れているので、それだけ多くの会社がひしめき合っているということだ。

VyprVPNはその中でも規模が特に大きいがゆえに、英語ユーザが大半を占める。しかし、同社の提供する接続アプリは日本語に完全対応。ヘルプも日本語化されており、テクニカルな用語や使い方がわかりやすく書かれている。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-1.接続アプリが完全日本語化

ヘルプ含めて,すべて日本語化

この接続アプリはMTUの調整など細かい設定も可能となっており、上級者でも満足できる仕上がりのツールである。

2.サーバが70カ国以上、グローバル展開

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-2.サーバが70カ国以上、グローバル展開

サーバが設置されている国や地域が70カ国以上、サーバ設置台数が700台と大規模。利用可能なIPの数も20万以上ととても膨大だ。

小さなVPNサービスにありがちな接続できない、速度が遅い、中国当局にブロックされるという悩みと無縁である。

3.中国当局の規制に神対応

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-3.中国当局の規制に神対応

同社の一番の特長は、中国対応が神レベルであることだ。

多くのVPNサービスのサイトは、中国当局から閉鎖・規制されていて、そもそもサイト自体が開けない。同社は、この当局の規制に素早い対応を展開している。公式サイトでも、随時、中国当局の動向をチェック・コメントしている。また、サイトが規制されてもドメインを即時移転するなど対応が早い。

昨年(2017年)から始まった中国当局のグレーVPNの違法化と掃討作戦。その後もVPNベンダと中国当局の攻防が続いている。このイタチごっこを緩和するためVyprVPNがリダイレクトサーバを導入したのでご紹介。

直近では、今年(2017年)の9月1日に一部ドメインがブロックされたが、12時間以内に対応・復旧している。トランプ大統領の訪中(11月9日)直前にもブロックされたが、6時間で対応を完了。

また、天安門事件(六四天安门事件)に合わせて行われた6月上旬、下旬の規制についても同じく12時間前後で復旧を果たしている。

月に複数回の規制を受けてもなお立ち上がる不撓不屈の精神は賞賛に値する。

4.対中国プロトコル「カメレオン」実装

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-4.対中国プロトコル「カメレオン」実装

上述の続きになるが、中国をターゲットにした「Chameleon(カメレオン)」を実装している。このVPNプロトコルはVyprvpn独自のもので、規制のしづらさを公言している(premiumのみ)。

技術的には、OpenVPNの独自拡張のようだ。256ビットの冗長的な暗号化、パケットのデータポート番号を定期的に変化させるという面白い機能である。利用ポートが443+15001~20000となっているので、前者が制御ポート後者がデータポートだと思われる。

このカメレオン技術は2018年にバージョン2.0(現在は1.0)をリリース予定しており、より円滑に中国からVPNが使える見込みだ。

当サイトでおすすめしているVyprVPNが、両会中に行われたネット規制の詳細を発表。同アナウンスで規制から数時間で対応完了したことを述べている。また、同時にChameleon(カメレオン)の強化も計画しているのでご紹介。

VPNサービスの申し込みから使い方まで

★スマホから使う

ステップ1:サービス申し込み

1-1.プランを選択

VyprVPNのサイトを開くと申し込みプランが選択できる。現在は2プランあり、どちらを選んでも構わない。Chameleon(カメレオン)を使いたい場合は、premiumのみなので注意が必要だ。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-VPNサービスの申し込みから使い方まで

1-2.ユーザアカウントを作る

接続に必要なユーザアカウントを作成。アカウント名はすでに使われていない名前であれば自由だ。サンプル記入例は以下のとおりだ。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-VPNサービスの申し込みから使い方まで

なお、申込時のメールアドレスに注意が必要だ。

VyprVPNへのログインは登録メールアドレスとパスワードでできるのだが、パスワードを忘れたときの再発行メールがここで登録するメールアドレスになるため、VPNなしで接続できないGmailを指定してしまうと八方塞がりになる。

1-3.支払情報の入力

トライアル期間中は無料だが、その後の継続で使うためにあらかじめ支払い情報が必要となる。トライアル期間中でも、過ぎたあとでもキャンセルはいつでもできる。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-VPNサービスの申し込みから使い方まで

支払い方法は2択。

  • Billed Annually:年間一括契約。次の月払いよりは、年間でみたときの支払い総額が割安になる。割引額は申込み時期によって変わる。
  • Billed Monthly:月払い契約。毎月支払うので、年間契約と異なり途中で解約ができる。年間一括契約に不安な人は、こちらを使うといいだろう。

上記例では、月払い契約を選択している。

次に、ユーザが利用する場所(国・地域)と郵便番号を入力。下記の例では、中国から使う場合で”China”を選択、郵便番号は上海(黄浦区)のものだ。ただし、この情報をもとに何か郵送されるわけではないので、適当に記入しても問題ない。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-VPNサービスの申し込みから使い方まで

クレジットカード決済を想定する場合は、”Name on Card”(カード名義人)を入力して”Continue to Payment”(支払情報の続行)をクリック。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-VPNサービスの申し込みから使い方まで

クレジットカード支払いの場合、決済専用のセキュアなサイトへ転送される。カード情報は128ビット暗号化されているので安心できる。

入力情報は以下のとおりだ。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-VPNサービスの申し込みから使い方まで

  • Credit Card:クレジットカードブランドを選択。例では「Visa」カード。
  • Card Number:カード番号。
  • Expiration Date:カードの有効期限。月/年の順なので注意。
  • Security Code:クレジットカード・セキュリティコード。カードの裏面などにある3桁または4桁の数字。コラムを見て欲しい。

クレジットカード・セキュリティコードの場所

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入

最後に”Continue”をクリックすると完了する。

メールアドレスと支払情報が正しく通れば、登録メールアドレスに次のような完了メールが届く。この完了メールは単に登録が正しく行われた通知だけで、アクチベーションなどはない。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-VPNサービスの申し込みから使い方まで

ステップ2:セットアップ

スマホ(AndroidやiPhone、iPadなど)へのセットアップについては、下記コラムを参考にして欲しい。

Androidユーザの場合

Androidを使っている場合、中国ではGoogle Playを使えない。そのため、VyprVPNではインストーラ(APKファイル)を直接公開している。詳細は別記事でまとめているので、こちらをごらんいただきたい。

VyprVPNから中国で接続アプリを使う方法について、メールにてお知らせがあったので日本語訳と当サイトのリンクを併記して記事化。

なお、買ったままのAndroidの場合、APKのインストールができないので一部設定の変更が必要になる。APKを直接インストールする方法は次の記事を参考にしてほしい。

中国ではGoogle Play Storeが使えない。そのため中国には、Google”以外”が運営しているアンドロイドアプリストアがある。これらのアプリストアからダウンロードして、インストールする方法をご紹介する。
iPhoneユーザの場合

iPhoneの場合、AppStoreが中国からも使える。

しかし、2017年の秋に米Appleが、中国登録ユーザ向けのApp Storeから海外製VPNアプリ(日本を含む)を一斉削除したため、ダウンロードできない。その場合は、中国以外のアカウントを使えば回避できる。詳細は、次の記事を参考にしてほしい。

中国政府からの要望で、米アップルが中国ユーザ向けのApp Store(アプリストア)からVPNアプリを削除した。中国にいるユーザはどうしたらこの規制を回避してダウンロードできるのか?

★パソコン・タブレットから使う

ステップ1:サービス申し込み

1-1.プランを選択

VyprVPNのサイトを開くと申し込みプランが選択できる。どちらを選んでも構わない。特徴は下記の通り。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-VPNサービスの申し込みから使い方まで

  • VyprVPN:スタンダードプラン。同時接続数3まで。接続プロトコルは複数サポートしているが、「Chameleon(カメレオン)」は含まれない。
  • VyprVPN premium:上位版。同時接続数が5つまでと引き上げられており、中国をターゲットにした「Chameleon(カメレオン)」が利用できる。ほかにもVyprVPN Cloudも使える。

どちらのプランでも、接続サーバや接続アプリに違いはない。ただ、複数のデバイスを持っている場合や、「Chameleon(カメレオン)」を使いたい場合はVyprVPN premiumを選ぼう。

1-2.ユーザアカウントを作る

接続に必要なユーザアカウントを自由に作成できる。各項目は下記の通り。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-1-2.ユーザアカウントを作る

  • First Name:名。山田太郎であればTaroになる。
  • Last Name:姓。山田太郎であればYamadaになる。
  • Email:普段使っているメールアドレス。紛失防止のため、プロバイダーメールや会社メールが望ましい。
  • Re-enter Email:上記のメールアドレスを再度記入。

パスワードを任意の文字列で設定。忘れた場合は、上記のメールアドレスに通知が行くので正しく入力する。

  • Create a Password:パスワードを入力。なるべく長いほうが望ましい。
  • Re-enter Password:同じものを再度入力。
1-3.支払情報の入力

クレジットカードであれば、支払情報を入力する。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-1-3.支払情報の入力

  • Payment Method:支払い方法を選択。クレジットカードであれば、「Credit Card」を選択。
  • Name on Card:カード名義人。カード上に書いてある順序どおり記入する。
  • Card Number:カード番号。
  • Expiration Date:カードの有効期限。月/年の順なので注意。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-1-3.支払情報の入力

  • CVV2:クレジットカード・セキュリティコード。カードの裏面などにある3桁または4桁の数字。コラムを見て欲しい。
  • Billing Country:領収書の発行先の国。
  • Billing Postal Code:郵便番号。ちなみに、Biling CountryをUSAにすると郵便番号がチェックされる。国をJapanにしてこの欄は適当に埋めるのがおすすめ。

クレジットカード・セキュリティコードの場所

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入

1-4.支払方法の選択

最後に、支払い方法の選択をする。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-VPNサービスの申し込みから使い方まで

支払い方法は2択。

  • Billed Annually:年間一括契約。次の月払いよりは、年間でみたときの支払い総額が割安になる。割引額は申込み時期によって変わる。
  • Billed Monthly:月払い契約。毎月支払うので、年間契約と異なり途中で解約ができる。年間一括契約に不安な人は、こちらを使うといいだろう。

上記例では、月払い契約を選択している。最後に、利用条項に同意するをチェックして、「Start Free Trial(無料お試しを開始)」をクリックして完了。

1-5.申し込みの確認

メールアドレスと支払情報が正しく通れば、登録メールアドレスに次のような完了メールが届く。この完了メールは単に登録が正しく行われた通知だけで、アクチベーションなどはない。

ステップ2:セットアップ

2-1.接続アプリをダウンロード

VPNの接続は、Windows標準の手動設定しても効果は変わらない。ただ、日本語化された接続アプリが用意されているので、面倒なセットアップするよりも接続アプリを使ったほうが格段に楽である。

ダウンロード場所はControl Panel(管理画面)からできる。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-2-1.接続アプリをダウンロード

前項の「1-5.申し込みの確認」が終わると、このような画面になっているので右上にある「Control Panel(管理画面)」をクリック。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-2-1.接続アプリをダウンロード

申込時のメールアドレスとパスワードで管理画面にログイン。

左側にあるサイドメニューにDonload VyprVPN(VyprVPNアプリのダウンロード)があるので、ここから選択。管理人のパソコンはWindowsなので、Windows向け接続アプリをクリック。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-2-1.接続アプリをダウンロード

2-2.接続アプリの保存

接続アプリは随時更新されている。今回の接続アプリはだいたい4MB弱だった。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-2-2.接続アプリの保存

2-3.ダウンロードした接続アプリをインストール

これといった設定はない。セットアッププログラムを起動するとわかるが、日本語で表示されるので必要であれば変更する。

なにもなければ「次へ」を数クリックすれば完了だ。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-2-3.ダウンロードした接続アプリをインストール

なお、途中でネットワークカードをインストールするか?と聞かれる。これはVPN接続に仮想ネットワークカードをインストールするために出てくる画面なので、許可する必要がある。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-2-3.ダウンロードした接続アプリをインストール

「”Golden Frog, GmbH”からのソフトウェアを常に信頼する」にチェックを付けて「インストール」をクリック。インストール後、スタートメニューにアイコンが表示されれば完了。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-2-3.ダウンロードした接続アプリをインストール

ステップ3:使ってみる

3-1.接続アプリを起動

OSが日本語であれば、起動したときに日本語で表示されているはずだ。「ログイン」をクリックして、さっそく使う。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-3-1.接続アプリを起動

ここで設定した「ユーザネーム(登録メールアドレス)」と「パスワード」が必要になるので入力。ログインができると、設定画面が出てくる。

3-2.接続

起動直後に最も近いサーバに接続するよう設定されている。上海であれば韓国だ。場所の変更は、ポイントマークをクリックするとできる。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-3-2.接続

サーバの一覧が出てくる。

地域別→アジアで絞り込みをすると便利。ネットワークやサーバの反応を数値化したPingの値が小さければ小さいほどよい。並び替えをして、値の小さいサーバに接続すればいいだろう。

今回は反応が一番早かった「Hong Kong(香港)」を選択。サーバ色は、Ping速度に応じて色分けされている。緑色がもっとも速く、次に黄色、遅いのが赤色である。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-3-2.接続

デフォルトでは接続方法(VPNプロトコル&暗号化)が「OpenVPN」になっているが、速度が遅いので「PPTP」などをおすすめする。あとは「接続」をクリックして完了だ。

自動接続と自動再接続

この接続アプリはすべて日本語化されていて、機能の説明が一緒に書かれているので不明な部分は少ないだろう。細かい設定は、メイン画面の右上にある※(歯車)の部分をクリックするとオプションが出てくるので、ここでできる。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-おまけ:自動接続と自動再接続

「接続」の下にある自動再接続、起動時に接続にある3ヶ所を設定しておくと便利だ。いずれも、Windows起動時に自動接続を行い、万が一切断された場合でも、自動再接続をしてくれる。気がついたらVPNが切れていた!というトラブルも防げる。

導入から接続までものの5分もかからず、完了したと思う。皆さんのお役に立てれば幸いだ。

『日本語完備!中国で使えるVyprVPNの使い方(2018年版)』へのコメント

  1. 名前:鳳梨de中國 投稿日:2018/08/10(金) 10:58:46 ID:480a40b09

    Pさん

    コメントありがとうございます。
    自己解決とのこと承知しました。
    ちなみに,たまにあるのがiPhoneが勝手にキャッシュをワイプしてVyprVPNアプリがVPNのConfiguration設定変更に失敗してつながらないというパターンです。
    参考までに。

  2. 名前:P 投稿日:2018/08/09(木) 23:11:28 ID:e72a2d360

    キャシュを削除したら繋がりました。
    ありがとうございました。

  3. 名前:P 投稿日:2018/08/09(木) 22:35:33 ID:e72a2d360

    いつも参考にさせてもらってます。
    北京在中ですが、最近マカオ香港に行った後からスマホの接続ができません。
    PCは繋がる状態です。
    アプリをログアウトしてから再ログインをしようとすると「ログインできません。もう一度お試しください。」と表示が出ます。
    ユーザー名とパスワードは正しいものを入力しています。
    何か方法はないでしょうか?

  4. 名前:鳳梨de中國 投稿日:2018/08/09(木) 22:20:10 ID:45cb2a2c5

    れんさん

    コメントありがとうございます。
    中国政府の外貨流出防止策一環なのか,中国国内< =>海外決済サービスの打ち切りが相次いでいます。
    直近ではPaypalとの決済ができた中国系サービスがクローズされてます。
    そのため,今できるところも次回できるかはかなり怪しいと考えていいかと思います。
    香港なり日本なりどこかで1枚Visaデビットカードみたいなのを作っておくほうが安全です。

  5. 名前:れん 投稿日:2018/08/09(木) 10:50:35 ID:0b04c71ac

    お返事ありがとうございます。

    やはりここでも同じなのですね…とりあえず試してみて、もしだめなら銀聯使って支払いができるVPNにしようと思います。

  6. 名前:鳳梨de中國 投稿日:2018/08/08(水) 14:42:13 ID:5ed8b585f

    れんさん

    コメントありがとうございます。
    この決済問題は基本同じです。外国人の決済はできません。
    #別のVPNでもAlipayが使えるとアナウンスあったものの実際には決済できないケースがありました。
    ただ,ここらへんは常々変わりますのでTryしてみるのも手です。
    私は痕跡残すの嫌いなのでテンポラリ(バーチャル)のクレカで決済しています。

  7. 名前:れん 投稿日:2018/08/08(水) 11:12:30 ID:42fe0d3e6

    はじめまして、来月で現在使用中のVPNの期限が終了するので新しいVPNを導入しようと探していて行き着いたのがこちらなのですが…気になる点が1つあります。

    (中国側から言う)外国人であっても、アリペイで支払いができるのでしょうか?中国国内であれば日常の買い物などで使うことはできますが、中国を出ると使えなくなるので…その点少々心配です。

    よろしくお願いします。

  8. 名前:鳳梨de中國 投稿日:2018/07/17(火) 22:16:16 ID:9599932cb

    yukipoyoさん

    コメントありがとうございます。
    機内モードのON/OFFとVPNは関係ありません。単にキャリアパケットを使うかどうか?だけになります。
    日本からスマホを持ち込んで,国際ローミング対応のSIMでWifiへ接続忘れていると帰国後ゾッとするような料金が来るかもしれませんが…。
    ちなみに,Wifiで接続しづらいと言うことであればWifi側の問題です。
    VPNから言わせればWifiだろうとキャリアネットワークであろうと関係ありません。

  9. 名前:yukipoyo 投稿日:2018/07/17(火) 20:23:22 ID:380f8c63c

    早速ご返事ありがとうございますっ。助かりました。帰国後これを参考に解約させていただきます。あともう一つ質問がございまして、昨日アプリをiPhoneでダウンロード後試しで使えるかどうか試して見ました。4Gの状態にすると素早く接続できたのですが機内モードをONにしwifiで試したところなかなか接続できません。これは日本にいるからでしょうか?中国にいる時は機内モードをONにしwifiを接続してさらにVPNを接続する。のが正しいですよね?

  10. 名前:鳳梨de中國 投稿日:2018/07/16(月) 22:21:08 ID:6d3812f61

    yukipoyoさん

    コメントありがとうございます。
    解約は下記に書かれている通りです。
    https://support.goldenfrog.com/hc/en-us/articles/204079176-How-can-I-cancel-my-account-
    サポートサイトドメインが中国では規制されているのでVPNなしでは開けませんが,コンパネからunsubscribeをポチするだけで完了します。
    参考になれば。

  11. 名前:yukipoyo 投稿日:2018/07/16(月) 20:58:47 ID:7a5669e1b

    こんにちは。こちらの記事を見てすごく分かりやすかったので19日から中国に1ヶ月ほどいくので先程vyprVPNを導入しました。
    ただ中国に長く住むわけでもなく頻繁に通うわけでもないので帰国したら解約したいと思い、色々ネットで解約の方法について調べてますがイマイチよくわからず….
    お忙しいかと思いますがよろしければ解約の方法について教えていただければと思います

  12. 名前:鳳梨de中國 投稿日:2018/07/05(木) 21:55:16 ID:acc069084

    YASUさん

    コメントありがとうございます。
    中国からの接続でChameleonがうまくつながらない場合,LAN側か海外との接続で詰まっていることがほとんどです。
    Chameleon自体は独自プロトコルなのでパケットスキャンの対象とはなっていません(今のところ)。
    逆にOpenVPNは対象となっているので接続できないケースが多いです(ただし,こちらは日替わり状態)。
    どうしてもうまくいかない場合はログと一緒にサポセンに投げてしまうのが一番楽です。
    日を変えて,時間帯変えるとあっさりつながる場合もあるので,こちらも試してみる価値あります。
    参考になりますでしょうか…?

  13. 名前:YASU 投稿日:2018/07/05(木) 18:44:37 ID:ec3f3f309

    初めましてこんにちは

    この度中国に赴任することとなり
    ここのサイトが大変役に立ちました。 ありがとうございます

    お忙しいところ申し訳ありませんが質問させてください

    当方、macbook airにもVyprVPNを導入しようとしておりますが
    プロトコルが、chameleonとOpenVPNだと接続できませんでした。
    素人的質問ですみませんが、chameleonプロトコルを使用しても接続できる方法は
    ご存知ありませんでしょうか?

    よろしくお願いします

  14. 名前:鳳梨de中國 投稿日:2018/06/05(火) 18:19:44 ID:f3d5e5487

    単身者さん

    コメントありがとうございます。
    赴任前か赴任後か?で言うと,赴任前になります。
    これは,中国に来るとGoogle検索はもちろん,Yahoo検索ですらできないので調べ物がしづらくなるためです。
    #回避方法について当サイトでも紹介しているので別エンジン使えばいいのですが。
    日程的な制限はありませんが,アプリのセットアップ含めて事前準備したほうがいいでしょう。
    ただ,現状使えても赴任時にさらに規制強化されて問題発生するケースもありますのでご注意ください。

  15. 名前:単身者のおじさん 投稿日:2018/06/05(火) 17:21:56 ID:29e08efd8

    はじめまして、VPNを使用しようか検討中で申し込みついて質問させていただきます。
    申し込み及びセットアップは、赴任先でするべきでしょうか、それとも日本で行うべべきでしょうか。
    また、申し込み後、セットアップまでに日程的な制限はありますか。
    ご指導のほどお願いします。

  16. 名前:masa 投稿日:2018/05/29(火) 13:59:36 ID:b57ea09e2

    はじめまして。上海在住masaと申します。
    本サイト参考にさせていただき昨日VyprVPNを導入しました。(スマホ Android使用)
    アプリを入れるまでうまくいっておりますが 接続 ボタンを押すと『サポートにお問い合わせ アカウントロックされています サポートに連絡してください』とウインドウが出ます。サポートに連絡するには『現在のチケット番号(オプション)』という欄がありどの番号を入れて良いのか分からず。 何か良い手はございますでしょうか。

  17. 名前:鳳梨de中國 投稿日:2018/05/26(土) 18:58:16 ID:a9682cc6a

    パンプキンさん

    コメントありがとうございます。
    腰痛で倒れていたのでお返事遅れました。
    無事解決したようで何よりです。
    またなにかありましたら,コメントしてください。

  18. 名前:パンプキン 投稿日:2018/05/26(土) 17:41:46 ID:0c2c8820f

    どうにか接続する事が出来ました!
    接続が出来ないのはスマホ側の設定の問題でした。
    アドバイスありがとうございましたm(_ _)m

  19. 名前:パンプキン 投稿日:2018/05/25(金) 01:34:55 ID:70b3e2966

    夜分遅くにも関わらず早々にお返事ありがとうございます。
    機器はスマホ(アンドロイド)です。
    サインアップではない方をクリックしたと思うのですが、何分中国にいる家族がコンピューター関係に疎いもので…
    アカウントか何かの入力を間違えたら、その画面しか表示されない様になった様です。

  20. 名前:鳳梨de中國 投稿日:2018/05/25(金) 00:57:02 ID:58125d4f5

    パンプキンさん

    コメントありがとうございます。
    ログインですが,申し込みの時に使ったID(メールアドレス)とパスワードで可能です。
    恐らくですが,アカウントを持っていませんか?というサインアップをすすめる箇所をクリックしたのではないかと思います。
    そのままIDとパスワードを教えてあげてください。
    ちなみに,スマホでしょうか?PCでしょうか?

  21. 名前:パンプキン 投稿日:2018/05/25(金) 00:40:49 ID:70b3e2966

    お返事ありがとうございます!
    無事日本から申し込む事が出来ました。
    中国にいる家族も無事アプリをダウンロード出来たのですが
    ログインの仕方が分らないそうです。
    ログインの仕方を教えていただけないでしょうか?
    アプリの画面にはアカウントを確認するにはメールのリンクをクリックするか、確認コードを入力する様に出てるそうです。