日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入(2018年版)

シェアする

VyprVPNのサービス特長から使い方まで

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-VyprVPNのサービス特長から使い方まで

日本を含む海外はもちろん、中国でも快適にネット規制を回避できるVyprVPNを紹介。海外大手ながら接続アプリが完全日本語対応。VPNサービスの速度ランキングでも常連だ。管理人も使っているこのVPNサービスの特長から、使い方までじっくり解説。

サイトはほかの大手同様で英語だが、以下の画面どおりに操作すれば英語ができなくても「3ステップ 5分でできる」ので、申し込み方法についても解説。

すぐに使ってみたい人はこちらから↓

スマホ(iPhone & Android)から使う

パソコン・タブレットから使う

VyprVPNは、ここが違う!

1.接続アプリが完全日本語化

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-1.接続アプリが完全日本語化

全世界にVPNサービスを提供する会社は数多くいる。AppleのiOS上から700近いVPNアプリ削除されたとニュースが流れているので、それだけ多くの会社がひしめき合っているということだ。

VyprVPNはその中でも規模が特に大きいがゆえに、英語ユーザが大半を占める。しかし、同社の提供する接続アプリは日本語に完全対応。ヘルプも日本語化されており、テクニカルな用語や使い方がわかりやすく書かれている。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-1.接続アプリが完全日本語化

ヘルプ含めて,すべて日本語化

この接続アプリはMTUの調整など細かい設定も可能となっており、上級者でも満足できる仕上がりのツールである。

2.サーバが70カ国以上、グローバル展開

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-2.サーバが70カ国以上、グローバル展開

サーバが設置されている国や地域が70カ国以上、サーバ設置台数が700台と大規模。利用可能なIPの数も20万以上ととても膨大だ。

小さなVPNサービスにありがちな接続できない、速度が遅い、中国当局にブロックされるという悩みと無縁である。

3.中国当局の規制に神対応

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-3.中国当局の規制に神対応

同社の一番の特長は、中国対応が神レベルであることだ。

多くのVPNサービスのサイトは、中国当局から閉鎖・規制されていて、そもそもサイト自体が開けない。同社は、この当局の規制に素早い対応を展開している。公式サイトでも、随時、中国当局の動向をチェック・コメントしている。また、サイトが規制されてもドメインを即時移転するなど対応が早い。

昨年(2017年)から始まった中国当局のグレーVPNの違法化と掃討作戦。その後もVPNベンダと中国当局の攻防が続いている。このイタチごっこを緩和するためVyprVPNがリダイレクトサーバを導入したのでご紹介。

直近では、今年(2017年)の9月1日に一部ドメインがブロックされたが、12時間以内に対応・復旧している。トランプ大統領の訪中(11月9日)直前にもブロックされたが、6時間で対応を完了。

人数は多くない中国在住ユーザへの高いサービスレベルは評価に値する。

4.対中国プロトコル「カメレオン」実装

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-4.対中国プロトコル「カメレオン」実装

上述の続きになるが、中国をターゲットにした「Chameleon(カメレオン)」を実装している。このVPNプロトコルはVyprvpn独自のもので、規制のしづらさを公言している(premiumのみ)。

技術的には、OpenVPNの独自拡張のようだ。256ビットの冗長的な暗号化、パケットのデータポート番号を定期的に変化させるという面白い機能である。利用ポートが443+15001~20000となっているので、前者が制御ポート後者がデータポートだと思われる。

このカメレオン技術は2018年にバージョン2.0(現在は1.0)をリリース予定しており、より円滑に中国からVPNが使える見込みだ。

当サイトでおすすめしているVyprVPNが、両会中に行われたネット規制の詳細を発表。同アナウンスで規制から数時間で対応完了したことを述べている。また、同時にChameleon(カメレオン)の強化も計画しているのでご紹介。

VPNサービスの申し込みから使い方まで

★スマホから使う

ステップ1:サービス申し込み

1-1.プランを選択

VyprVPNのサイトを開くと申し込みプランが選択できる。現在は2プランあり、どちらを選んでも構わない。Chameleon(カメレオン)を使いたい場合は、premiumのみなので注意が必要だ。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-VPNサービスの申し込みから使い方まで

1-2.ユーザアカウントを作る

接続に必要なユーザアカウントを作成。アカウント名はすでに使われていない名前であれば自由だ。サンプル記入例は以下のとおりだ。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-VPNサービスの申し込みから使い方まで

なお、申込時のメールアドレスに注意が必要だ。

VyprVPNへのログインは登録メールアドレスとパスワードでできるのだが、パスワードを忘れたときの再発行メールがここで登録するメールアドレスになるため、VPNなしで接続できないGmailを指定してしまうと八方塞がりになる。

1-3.支払情報の入力

トライアル期間中は無料だが、その後の継続で使うためにあらかじめ支払い情報が必要となる。トライアル期間中でも、過ぎたあとでもキャンセルはいつでもできる。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-VPNサービスの申し込みから使い方まで

支払い方法は2択。

  • Billed Annually:年間一括契約。次の月払いよりは、年間でみたときの支払い総額が割安になる。割引額は申込み時期によって変わる。
  • Billed Monthly:月払い契約。毎月支払うので、年間契約と異なり途中で解約ができる。年間一括契約に不安な人は、こちらを使うといいだろう。

上記例では、月払い契約を選択している。

次に、ユーザが利用する場所(国・地域)と郵便番号を入力。下記の例では、中国から使う場合で”China”を選択、郵便番号は上海(黄浦区)のものだ。ただし、この情報をもとに何か郵送されるわけではないので、適当に記入しても問題ない。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-VPNサービスの申し込みから使い方まで

クレジットカード決済を想定する場合は、”Name on Card”(カード名義人)を入力して”Continue to Payment”(支払情報の続行)をクリック。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-VPNサービスの申し込みから使い方まで

クレジットカード支払いの場合、決済専用のセキュアなサイトへ転送される。カード情報は128ビット暗号化されているので安心できる。

入力情報は以下のとおりだ。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-VPNサービスの申し込みから使い方まで

  • Credit Card:クレジットカードブランドを選択。例では「Visa」カード。
  • Card Number:カード番号。
  • Expiration Date:カードの有効期限。月/年の順なので注意。
  • Security Code:クレジットカード・セキュリティコード。カードの裏面などにある3桁または4桁の数字。コラムを見て欲しい。

クレジットカード・セキュリティコードの場所

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入

最後に”Continue”をクリックすると完了する。

メールアドレスと支払情報が正しく通れば、登録メールアドレスに次のような完了メールが届く。この完了メールは単に登録が正しく行われた通知だけで、アクチベーションなどはない。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-VPNサービスの申し込みから使い方まで

ステップ2:セットアップ

スマホ(AndroidやiPhone、iPadなど)へのセットアップについては、下記コラムを参考にして欲しい。

Androidユーザの場合

Androidを使っている場合、中国ではGoogle Playを使えない。そのため、VyprVPNではインストーラ(APKファイル)を直接公開している。詳細は別記事でまとめているので、こちらをごらんいただきたい。

VyprVPNから中国で接続アプリを使う方法について、メールにてお知らせがあったので日本語訳と当サイトのリンクを併記して記事化。

なお、買ったままのAndroidの場合、APKのインストールができないので一部設定の変更が必要になる。APKを直接インストールする方法は次の記事を参考にしてほしい。

中国ではGoogle Play Storeが使えない。そのため中国には、Google”以外”が運営しているアンドロイドアプリストアがある。これらのアプリストアからダウンロードして、インストールする方法をご紹介する。
iPhoneユーザの場合

iPhoneの場合、AppStoreが中国からも使える。

しかし、2017年の秋に米Appleが、中国登録ユーザ向けのApp Storeから海外製VPNアプリ(日本を含む)を一斉削除したため、ダウンロードできない。その場合は、中国以外のアカウントを使えば回避できる。詳細は、次の記事を参考にしてほしい。

中国政府からの要望で、米アップルが中国ユーザ向けのApp Store(アプリストア)からVPNアプリを削除した。中国にいるユーザはどうしたらこの規制を回避してダウンロードできるのか?

★パソコン・タブレットから使う

ステップ1:サービス申し込み

1-1.プランを選択

VyprVPNのサイトを開くと申し込みプランが選択できる。どちらを選んでも構わない。特徴は下記の通り。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-VPNサービスの申し込みから使い方まで

  • VyprVPN:スタンダードプラン。同時接続数3まで。接続プロトコルは複数サポートしているが、「Chameleon(カメレオン)」は含まれない。
  • VyprVPN premium:上位版。同時接続数が5つまでと引き上げられており、中国をターゲットにした「Chameleon(カメレオン)」が利用できる。ほかにもVyprVPN Cloudも使える。

どちらのプランでも、接続サーバや接続アプリに違いはない。ただ、複数のデバイスを持っている場合や、「Chameleon(カメレオン)」を使いたい場合はVyprVPN premiumを選ぼう。

1-2.ユーザアカウントを作る

接続に必要なユーザアカウントを自由に作成できる。各項目は下記の通り。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-1-2.ユーザアカウントを作る

  • First Name:名。山田太郎であればTaroになる。
  • Last Name:姓。山田太郎であればYamadaになる。
  • Email:普段使っているメールアドレス。紛失防止のため、プロバイダーメールや会社メールが望ましい。
  • Re-enter Email:上記のメールアドレスを再度記入。

パスワードを任意の文字列で設定。忘れた場合は、上記のメールアドレスに通知が行くので正しく入力する。

  • Create a Password:パスワードを入力。なるべく長いほうが望ましい。
  • Re-enter Password:同じものを再度入力。
1-3.支払情報の入力

クレジットカードであれば、支払情報を入力する。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-1-3.支払情報の入力

  • Payment Method:支払い方法を選択。クレジットカードであれば、「Credit Card」を選択。
  • Name on Card:カード名義人。カード上に書いてある順序どおり記入する。
  • Card Number:カード番号。
  • Expiration Date:カードの有効期限。月/年の順なので注意。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-1-3.支払情報の入力

  • CVV2:クレジットカード・セキュリティコード。カードの裏面などにある3桁または4桁の数字。コラムを見て欲しい。
  • Billing Country:領収書の発行先の国。
  • Billing Postal Code:郵便番号。ちなみに、Biling CountryをUSAにすると郵便番号がチェックされる。国をJapanにしてこの欄は適当に埋めるのがおすすめ。

クレジットカード・セキュリティコードの場所

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入

1-4.支払方法の選択

最後に、支払い方法の選択をする。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-VPNサービスの申し込みから使い方まで

支払い方法は2択。

  • Billed Annually:年間一括契約。次の月払いよりは、年間でみたときの支払い総額が割安になる。割引額は申込み時期によって変わる。
  • Billed Monthly:月払い契約。毎月支払うので、年間契約と異なり途中で解約ができる。年間一括契約に不安な人は、こちらを使うといいだろう。

上記例では、月払い契約を選択している。最後に、利用条項に同意するをチェックして、「Start Free Trial(無料お試しを開始)」をクリックして完了。

1-5.申し込みの確認

メールアドレスと支払情報が正しく通れば、登録メールアドレスに次のような完了メールが届く。この完了メールは単に登録が正しく行われた通知だけで、アクチベーションなどはない。

ステップ2:セットアップ

2-1.接続アプリをダウンロード

VPNの接続は、Windows標準の手動設定しても効果は変わらない。ただ、日本語化された接続アプリが用意されているので、面倒なセットアップするよりも接続アプリを使ったほうが格段に楽である。

ダウンロード場所はControl Panel(管理画面)からできる。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-2-1.接続アプリをダウンロード

前項の「1-5.申し込みの確認」が終わると、このような画面になっているので右上にある「Control Panel(管理画面)」をクリック。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-2-1.接続アプリをダウンロード

申込時のメールアドレスとパスワードで管理画面にログイン。

左側にあるサイドメニューにDonload VyprVPN(VyprVPNアプリのダウンロード)があるので、ここから選択。管理人のパソコンはWindowsなので、Windows向け接続アプリをクリック。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-2-1.接続アプリをダウンロード

2-2.接続アプリの保存

接続アプリは随時更新されている。今回の接続アプリはだいたい4MB弱だった。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-2-2.接続アプリの保存

2-3.ダウンロードした接続アプリをインストール

これといった設定はない。セットアッププログラムを起動するとわかるが、日本語で表示されるので必要であれば変更する。

なにもなければ「次へ」を数クリックすれば完了だ。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-2-3.ダウンロードした接続アプリをインストール

なお、途中でネットワークカードをインストールするか?と聞かれる。これはVPN接続に仮想ネットワークカードをインストールするために出てくる画面なので、許可する必要がある。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-2-3.ダウンロードした接続アプリをインストール

「”Golden Frog, GmbH”からのソフトウェアを常に信頼する」にチェックを付けて「インストール」をクリック。インストール後、スタートメニューにアイコンが表示されれば完了。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-2-3.ダウンロードした接続アプリをインストール

ステップ3:使ってみる

3-1.接続アプリを起動

OSが日本語であれば、起動したときに日本語で表示されているはずだ。「ログイン」をクリックして、さっそく使う。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-3-1.接続アプリを起動

ここで設定した「ユーザネーム(登録メールアドレス)」と「パスワード」が必要になるので入力。ログインができると、設定画面が出てくる。

3-2.接続

起動直後に最も近いサーバに接続するよう設定されている。上海であれば韓国だ。場所の変更は、ポイントマークをクリックするとできる。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-3-2.接続

サーバの一覧が出てくる。

地域別→アジアで絞り込みをすると便利。ネットワークやサーバの反応を数値化したPingの値が小さければ小さいほどよい。並び替えをして、値の小さいサーバに接続すればいいだろう。

今回は反応が一番早かった「Hong Kong(香港)」を選択。サーバ色は、Ping速度に応じて色分けされている。緑色がもっとも速く、次に黄色、遅いのが赤色である。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-3-2.接続

デフォルトでは接続方法(VPNプロトコル&暗号化)が「OpenVPN」になっているが、速度が遅いので「PPTP」などをおすすめする。あとは「接続」をクリックして完了だ。

自動接続と自動再接続

この接続アプリはすべて日本語化されていて、機能の説明が一緒に書かれているので不明な部分は少ないだろう。細かい設定は、メイン画面の右上にある※(歯車)の部分をクリックするとオプションが出てくるので、ここでできる。

日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入-おまけ:自動接続と自動再接続

「接続」の下にある自動再接続、起動時に接続にある3ヶ所を設定しておくと便利だ。いずれも、Windows起動時に自動接続を行い、万が一切断された場合でも、自動再接続をしてくれる。気がついたらVPNが切れていた!というトラブルも防げる。

導入から接続までものの5分もかからず、完了したと思う。皆さんのお役に立てれば幸いだ。

『日本語完備!中国で使えるVyprVPNの導入(2018年版)』へのコメント

  1. 名前:鳳梨de中國 投稿日:2016/02/16(火) 22:31:07 ID:e32379381

    myさん

    コメントありがとうございます。
    よろしければ環境(WindowsとかiPhoneとか)と使っている回線名教えてもらえますでしょうか?
    参考になるかどうかわかりませんが、見てみたいと思いますので情報お願い致します。

  2. 名前:my 投稿日:2016/02/16(火) 02:20:50 ID:30fcab3c6

    ブログを参考にさせて頂いてます。
    何か解決策があれば教えて頂きたく書き込みします。
    当方VyprVPNを導入しようと考え、proを申し込みましたがアプリが起動せず、起動しようとすると[VyprVPNサービスに問い合わせできません。サービスの開始を試みますか?]表示がでます。
    はいを押してもループで、いいえを押すと沈黙します。
    導入時になにかミスをしたのでしょうか?
    再インストールも試したのですが…
    ブログ拝見しても皆さん順調に導入出来てるようですし、何かがおかしいのだと思うのですが。

  3. 名前:鳳梨de中國(中国在住) 投稿日:2015/12/14(月) 17:16:11 ID:0d24d0cbf

    蘇州人さん

    コメントありがとうございます。
    退会と言うのはサービス停止でよろしいですか?
    その場合は、サポートセンターにメール残すだけでできます。
    ご参考までに。

  4. 名前:中国の蘇州人 投稿日:2015/12/12(土) 21:01:32 ID:d0076fdc1

    退会をするにはどうすればよいのでしょうか

  5. 名前:鳳梨de中國(中国在住) 投稿日:2015/11/23(月) 18:08:35 ID:f93b0d413

    sijimiさん

    いずれにしても、申込時と課金直前でメールのアナウンス入りますのでそこで判断すればよろしいかと。
    と、言うのもVypr自体のサイトはブロックされていないこと、ブロックされても登録時のメールにサポート先メルアドが書いてあるのでいつでも応対してもらえます。
    利用頻度が多いなら正式に使ってしまうのも手です。
    ご参考までに。

  6. 名前:sijimi 投稿日:2015/11/23(月) 17:14:41 ID:13c0a6d8c

    迅速な回答ありがとうございます。
    もし11月分も課金されるのであれば向こうで12月に入ってから申し込もうかと考えておりましたが、出発前に日本で申し込み&設定することにします。

  7. 名前:鳳梨de中國(中国在住) 投稿日:2015/11/23(月) 16:43:11 ID:f93b0d413

    sijimiさん

    コメントありがとうございます。
    基本的には、コメント通りです。
    ただ、1アカウント(正確には課金単位)でトライアルは1度までになるので、キャンセル後同一アカウントで申し込みしても蹴られてしまいます。
    ちなみに、Androidで利用する場合、接続アプリ使う場合はGoogle Play自体がブロックされているので日本で設定してから渡航するのがおすすめです。

  8. 名前:sijimi 投稿日:2015/11/23(月) 15:54:29 ID:13c0a6d8c

    今月末に中国に行くに当たり、ブログを参考にさせていただきました。
    28日当たりに契約をしてみようかと思いますが、その日に上記の流れ通りに申し込み場合は課金はどのような流れなりますでしょうか。
    3日間フリートライアルとございますので、28日当たりの申し込みであれば11月分の課金は発生しない考えてもよろしいのでしょうか。
    ご存知でしたらご教示いただけると幸いです。

  9. 名前:中国在住 投稿日:2015/11/19(木) 18:40:51 ID:48b0e434e

    やはりパスワードでけられてしまいます

  10. 名前:鳳梨de中國(中国在住) 投稿日:2015/11/19(木) 17:52:32 ID:5bc5b2b5d

    中国在住さん

    コメントありがとうございます。
    郵便番号ですが、適当に打ち込んでもらって大丈夫です。
    メールアドレスさえ間違えなければ仮想のアドレスでも申請は通ります。

  11. 名前:中国在住 投稿日:2015/11/19(木) 17:33:04 ID:48b0e434e

    郵便番号が入らないんですけどどうしたらいいですか?

  12. 名前:yashiro 投稿日:2015/10/28(水) 00:03:19 ID:01aa982dc

    鳳梨様
    よろず様

    早速のコメントありがとうございました。
    いただいたアドバイスをもとに色々と試してみたところ、PCについてはカメレオンからPPTPに変更したところ、安定的につながるようになりました。
    また、同様に接続できていなかったiphoneについては、手動でVPN接続してみたところ、
    同じくつながるようになりました。

    これで何とかなりそうです!
    どうもありがとうございました!!

  13. 名前:KY 投稿日:2015/10/27(火) 23:50:36 ID:cb8674e33

    よろずさんと同じことが当方の環境でもあります。
    その時々でプロトコルを変えて最速なものを使っています。
    またVyprVPNがダメならHideMyAss!またその逆もあります。

  14. 名前:よろず 投稿日:2015/10/27(火) 13:45:19 ID:0fd7596b1

    あ、すみません。念のためですが、変更するのはプロトコルのことです。
    VyprVPNを立ち上げて右上にある歯車アイコンから設定できる部分です。
    最近だとゴールデンタイムでもPPTPだと安定して接続できています。

  15. 名前:よろず 投稿日:2015/10/27(火) 13:39:47 ID:0fd7596b1

    割って入ってすみません。私の自宅での経験ですが・・・。
    VyprVPNであれば、接続をカメレオンなどからPPTPに変えるなどすると接続しやすくなったりします。これも時期、時間によりけりなのですが、サービスを変えずとも接続できる可能性がありますので、お試しいただけるとよいかもしれません。

  16. 名前:鳳梨de中國(中国在住) 投稿日:2015/10/27(火) 12:07:33 ID:7ac60e058

    yashiroさん

    コメントありがとうございます。
    症状を見ると奇々怪々ですね。インドネシアやフィリピンでも同じ症状と言うことであればVPN側ではない気がします。

    下記を検討してみていただけますか?
    1.別のPCで同じ手順を踏んでみる
    2.手動でVPN接続をしてみる

  17. 名前:鳳梨de中國(中国在住) 投稿日:2015/10/27(火) 12:02:55 ID:7ac60e058

    KYさん

    検証結果ありがとうございます。
    正直、ゴールデンタイムは私も完全お手上げです。
    上海で光回線でも国外への接続はグダグダなんですよね…。
    携帯端末からメール見る程度にとどめています。

  18. 名前:yashiro 投稿日:2015/10/27(火) 00:34:46 ID:f9113b220

    初めまして、いつもサイトの中国情報をありがたく参考にさせて
    いただいております!
    さて、当方直近蘇州在住となったのですが、今回サイトのアドバイスを
    参考に、VyprVPNを導入するべく申込み、ダウンロードの上アプリをダウンロード
    してみました。(ちなみにOSはWindows7です)
    ただ、日本向けに接続をしたところ、最初の一時間程度接続できたあと、ずっと「接続中」の表示となり、全く接続ができなくなりました。
    インドネシアやフィリピン等で同様に接続してみましたが、どちらも同様の結果に
    なってしまいました。

    もし何かアドバイスいただけるようであれば、もしいただけますと幸甚です。

    正直これでは全く使い物にならないので、場合によってはPureVPN等ほかのものも
    試してみようと思います。

    お手数ですが、よろしくお願いいたします。

  19. 名前:KY 投稿日:2015/10/26(月) 21:42:17 ID:e87190426

    早速のレスありがとうございます。
    Vyprの無料トライアル試してみました。
    HMAと比べ遜色無いようなので
    Subとして日系から乗り換えることにしました。
    当方の環境ではVPNなしで下り6Mbps、HAMもVyprも3Mbps前後です。
    夜間のゴールデンタイムは1前後ですがVPNが繋がらないことがしばしばです。
    元回線(光じゃないで)が遅いので仕方ないですね。
    ただし上りはHAM1Mbps程度でVyprは0.2と差が見られます。

  20. 名前:鳳梨de中國(中国在住) 投稿日:2015/10/26(月) 10:31:49 ID:51dd332fb

    KYさん

    コメントありがとうございます。
    VyprVPNにすれば完璧です!と、言いたいところですが正直わかりません。
    理由はここ最近の中国政府による海外接続の妨害がふらふらしているためです。私の環境ではここ1ヶ月ほど安定してきており、どちらを利用していても概ね10Mbps出ているのですが、夜間のゴールデンタイムになると3Mbps前後まで落ちます。逆に深夜や早朝だと20Mbps近く出ることもあり、なんとも言えません。
    海外との接続にある金盾が不安定なのか容量オーバなのか…。Vypr自体は無料トライアルありますのでお試しになって見てくださいというのがベストなアドバイスかもしれません。

  21. 名前:KY 投稿日:2015/10/25(日) 22:56:44 ID:69c2d6d74

    初めまして。いつも拝見させて頂いております。
    日系VPN業者からHideMyAss!を
    メインで使うように成って約1年経ちました。
    いまSubとして日系からVyprVPNへ乗換えを検討中ですが
    VyprVPN は HideMyAss!と比べて速度、安定性はどうでしょうか?
    特に対中国プロトコルChameleonが気になっています。
    ちなみに当方は重慶からの利用ですが
    ここ最近またネット環境が悪く成ってます。。。

  22. 名前: 投稿日:2015/06/24(水) 19:18:32 ID:09aaa4978

    管理人様:
    コメントありがとうございます。私は中国4年目ですがどんどんネット環境が厳しくなってきているのが如実に実感できますね。
    ちなみに天津の知り合いは大学内に居住しており、学内のネット環境を通してVPNを利用しています。

  23. 名前:鳳梨de中國(中国在住) 投稿日:2015/06/23(火) 18:58:34 ID:a30851c86

    文さん

    コメントありがとうございます。
    記事にはしていませんが、これは中国QoS問題だと思います。
    確かめようがないのでわからないのですが、中国はアカウント別に制御度合いがあって、一斉にトラフィックがある場合、政府→軍→通信事業者→法人アカウント→個人アカウントの順序でトラフィックが与えられるというものです。
    確かに会社でアクセスをすると、個人アカウントのものよりもスムーズです。ただ、噂の域を出ていないのでなんとも言えません。その知り合いの方が実は通信業者から間借りしているアカウントだと中小とかでもあっさりつながったりするのかもしれません。

  24. 名前: 投稿日:2015/06/23(火) 17:21:56 ID:bc491d6b2

    こんにちは。
    先日出張で洛陽に行った際、VPNがつながるかどうか試してみました。
    環境は錦江之星のwifiです。結果、つながりました。youtubeなども開けました。
    ただやはり何らかの障害を受けているのか、大きな容量のものをダウンロードするなどは
    できませんでした。これで自宅のネット環境は通信業者により制御を受けていることがはっきりしました。
    なお、天津にいる知り合いによりますと、天津は中小のVPN業者でも問題なくつながるそうです。

  25. 名前: 投稿日:2015/06/04(木) 16:12:04 ID:02dd973b0

    管理人様:

    なるほど…勉強になりました。
    通信業者によって違いがあるというのは大いに納得できます。
    どうもありがとうございました。私の方でも色々試してみます。
    また何かあった時には是非交流させてください。
    それでは。

  26. 名前:鳳梨de中國(中国在住) 投稿日:2015/06/04(木) 14:17:25 ID:7b9a535d8

    文さん

    切り分けが必要だと思います。
    PINGで国内向け、国外向けでテストしてみてください。そもそも国外向けの通信がシャットされている可能性があります。
    同じ地域でも通信業者が変わると挙動が変わるようです。
    その上で、国外向けが大丈夫であれば接続先の地域を変えることで再度試してみるのも手です。
    ご参考までに。

  27. 名前: 投稿日:2015/06/03(水) 23:55:58 ID:62df73803

    管理人様:

    コメントありがとうございました。
    現在のところ、表面上、たとえばアプリなどを利用していてそのアプリの表示に「接続中」と表示されていても、その如何にかかわらず断続的に切断されることが頻発しているということですね。
    私の場合、その「接続中」の状態にすらならないのです。これも何か障害が起きている影響なのでしょうね。
    色々参考にしてみます。

  28. 名前:鳳梨de中國(中国在住) 投稿日:2015/06/02(火) 19:13:51 ID:33ea23c2b

    文さん

    コメントありがとうございます。
    本日アップロードした記事にも記載しましたとおり、VPN云々と言うよりも中国から海外への物理ネットワークに障害(妨害)が出ています。
    当面は表面上接続しているものの、実際には切断されているという状況が続きそうです。
    接続後、PINGを持続的に打って実際に接続が有効であり続けているか確認する必要があると思います。ご参考までに…。

  29. 名前: 投稿日:2015/06/02(火) 15:55:41 ID:2de924736

    はじめまして。いつも大いに参考にさせて頂いております。
    こちらのサイトを参考に試しにVyprvpnに申し込んでみました。
    某VPNが全く使い物にならなくなったので。
    当方北京からの使用です。mac os10.6なので手動でセットアップして使ってみました(10.6はアプリがサポートしていないため)。
    結果、瞬間的に台湾のサーバーに接続できましたが、その後接続解除して他のサーバーに接続してみたところ全くサーバーに到達できない状態となりました。
    ブロックされたのかもしれません。
    色々試してみようと思いますが、何かご助言がございましたらお時間のある時にでも是非情報交換できればと思います。周りに日本人が全くおらず、手探りでやっているもので。

  30. 名前:鳳梨de中國(中国在住) 投稿日:2015/05/07(木) 09:52:32 ID:09fa1636e

    kojiさん

    毎毎お世話になっております。
    中小のVPN業者は大手と比べると固定コストが高いので、1サーバや1回線あたりのユーザを増やさないとカバーできません。
    また、VPS上の仮想VPNサーバだと安定性と性能に欠けるので、当然の結果だと思います。
    ただ、大手だと日本語にあまり目を向けてくれないのが痛いですね…。
    前回コメントされた速度や安定性についても記事記載する予定ですので、ご期待ください。

  31. 名前:鳳梨de中國(中国在住) 投稿日:2015/05/07(木) 09:50:27 ID:09fa1636e

    クニさん

    毎毎コメントありがとうございます。
    今回はVyprVPN側から情報を頂いて日本語UIの存在に気づきました。
    海外勢も少しずつですが日本市場(?)に目を向け始めているようです。

    チャオチャオは相変わらず寝っ転がっています。
    記事を追加したいのですが、現行のサイトに移行した時の処理がまだ終わっておらず、後ろでメンテナンスに手一杯だったりします。
    これが片付くのに1ヶ月くらい掛かりそうなので、その後またアップいたしますね(笑)

  32. 名前:koji310 投稿日:2015/05/07(木) 08:30:25 ID:39f5193c6

    何時もおせわになります。

    最近知人から、中小業者のVPNが安定してないとよく聞きます。
    やはり実績のある大手が良いのは勿論なんですが、中々申し込みページやソフトが外国語であると不安を覚えるみたいです。
    VyprVPNは少なくとも接続ソフトは日本語化されているので、導入に際して若干敷居は低くなると思います。
    後はどれだけ安定して利用出来るかですね。
    続報を期待してます。

  33. 名前:クニ 投稿日:2015/05/07(木) 01:23:03 ID:84df424a2

    いつも有益な情報をありがとうございます。とりあえず1ヶ月コースを申し込んでみて試してみます。
    思えば2009年から中国駐在開始して中国IT情報局様のサイトを参考にPure VPNを申し込んで助けられたものです。
    ところで最近チャオチャオくんの消息が(笑)お待ちしています(笑)

  34. 名前:鳳梨de中國(中国在住) 投稿日:2015/05/06(水) 15:27:29 ID:4ae8b63db

    kojiさん

    毎毎コメントありがとうございます。
    その内容を記事にしようとしていた矢先でした(笑)

    ここ数日の感触です。
    1.安定性を2つに分けて
    接続の安定性(切れる切れない):VyprVPN, Hide Hide My Assも安定
    速度の安定性(接続時の速度のブレ方):Hide Hide My Assが若干安定。ベンチマークとらなければ気にならない程度
    2.速度
    Hide Hide My Assを100とすると、VyprVPNは80前後。
    テスト回数が少ないので、これから何度か試した上で記事にしますね。

  35. 名前:koji310 投稿日:2015/05/06(水) 14:50:54 ID:3d2c940c4

    今回紹介されているVyprVPNはHide Hide My Assと比べて速度、安定性ではどれ位差がありますか?