中国でYouTube(ユーチューブ)を少しでも快適に見る方法

シェアする

中国おすすめVPNサービス

中国で動画サイトといえば、百度视频や优酷などが有名。しかし、日本語コンテツを探すのであれば検索精度とコンテンツの多さからYouTubeになる。そんなYouTubeを中国で少しでも快適にする-すなわち、細い帯域をフル活用する方法をご紹介。

視聴を邪魔するYouTuberコンテンツ

唐突だが、みなさんに質問だ。YouTubeを使おうとしてトップページを開いた瞬間、不愉快になった経験はあるだろうか?

私はある。

たとえば、こういうシチュエーションを想像して欲しい。日々体感しているとおり中国ではYouTubeは規制されているので見られない。代わりのコンテンツも中国版YouTubeで見つからない。しょうがないので、中国でVPNを使って本家サイトへつなげようとする。

もともと中国のインフラは遅いのに、VPNを使うのでさらに遅くなる。そんなイライラしているところに、間抜けな顔とくだらないコンテンツが表示されたらどうだろうか?

私の細いネットワーク帯域を返せ!と金属バットでパソコンを殴りつけながら、叫びたくなるはずだ。私もそういう状況では、不快指数が100を超えて、卒倒しそうになる。

では、どんなコンテンツかと言うと…

YouTubeからゴミコンテンツを一掃する方法

こういう類である。

いわゆるYouTuber(ユーチューバー)と呼ばれる配信を生業とする人々のコンテンツだ。ちなみに、こういう生業は日本だけではなくアメリカやヨーロッパ、台湾・香港にもいる。YouTubeでなければ、中国にも同じような人はいるのだ。

支付宝で全裸に愛人募集が続々 支付宝が11月27日にリリースした新機能に”圈子”(サークル)という機能があったのだが、注目が集まりすぎ...

日本に限ると、はじめしゃちょーとかヒカキン、セイキンなどオリジナリティがないので次から次へと似たようなユーチューバがこの瞬間も”うじゃうじゃ”と湧いているのだ。

そういう生業(なりわい)を否定したいので、嫌いだと言っているのではない。なんでも反対すればいいと思っている政党のように、否定ありきはよくない。そこで、何度か異なるユーチューバーのコンテンツを試しに見てみたのだが、内容のくだらなさ(幼稚さとひねりがない)に、発狂してパソコンを窓から放り投げたくなったのだ。

こういうのものばかり見ていると、目や頭ががサイタ○になる。

YouTubeからゴミコンテンツを一掃する方法

行き着く先は過激コンテンツと規制

こういう人たちは、オリジナリティがないので、どうしても過激なコンテンツに走りやすい。たとえば、大量に何かを買ったり、奇抜なことをやってみたりなどなど。これは中国のユーチューバーたちも同じだ。女性で若いと、安易に数字が取れる下半身ネタに走ってしまう。

当然だが、YouTubeではこういうコンテンツを禁止している。同サービスのガイドラインにもしっかり書いてある。

ポルノなどの露骨な性的コンテンツは許可されません。フェチの要素を含む動画は、問題となる行為の過激度に応じて削除されるか、年齢制限を設けられます。ほとんどの場合、暴力的、生々しい、または侮辱的なフェチの要素を含むコンテンツは YouTube では許可されません。

ヌードおよび性的なコンテンツ – YouTube ヘルプ

同じく中国で規制されているニコニコ動画でも同じである。FC2など一部の動画サイトでは、黙認していたのだが、警察当局見逃すということもなく、身元を突き止めて逮捕している。この件では、その後FC2本体にも捜査がおよんでいる。

インターネットでわいせつな映像をナマ配信したとして、警視庁は公然わいせつ容疑で、チャットルーム運営会社社長、岡田かおり容疑者(30)ら女4人と男1人を逮捕した。「チャットレディー」と呼ばれる女には18~39歳の学生や主婦もおり、岡田容疑者自らも“出演”、会社は1億円を荒稼ぎしていた。

チャットレディー荒稼ぎの丸秘手口とは わいせつ映像生配信で1億円 – 政治・社会 – ZAKZAK

中国はもともとポルノを否定・禁止しているところなので、過激なコンテンツに走らないように(すでに走っているため)、実名制の義務化など規制が始まっている。

違法風俗サービスに当局が本腰 光棍節快樂!さて、皆さん「ニコ生」をご存知だろうか。ネット上の個人放送サービスである。このニコ生の中国版...

YouTubeからゴミコンテンツを排除する方法

さて、問題はコンテンツのよしあしではない。ゴミコンテンツのサムネイルやプレビュー表示のために、中国の細いネットワーク帯域を横取りされるのが不愉快なのだ。

では、どうやったら削除できるのか?

方法は実はとてもかんたんである。日本のYouTubeを見に行くので、こういう人たちのコンテンツが推薦されるのだ。そこで地域を変えてしまうのだ。

まずは、YouTubeページ下部に移動し、国をクリック。

YouTubeからゴミコンテンツを一掃する方法

クリックすると、地域を選ぶことができる。ここから、「地域指定なし」を選択。これは、YouTubeお膝元であるアメリカを指定したのと同じ意味になる。アメリカ=全世界ということだ。さすがアメリカン。

YouTubeからゴミコンテンツを一掃する方法

選択後、ページの再読み込みがされる。再読込後、トップを見てみると…

YouTubeからゴミコンテンツを一掃する方法

ゴミコンテンツが見事に一掃された。

これらのゴミコンテンツ排除のための地域設定だが、日本以外であればどこでもいい。この設定はクッキーを削除しなければずっと有効なので、二度とユーチューバーを見なくて済む。

YouTubeのゴミコンテンツ対策で悩む諸兄の役に立てば幸いだ。

中国YouTubeの代わりは?

YouTubeを中国で見るにはVPNが必要だが、単にコンテンツを楽しむだけなら中国のYouTube版を使うのも一つの手だ。習近平政権のデジタルコンテンツをビジネスにする流れがあるために、昔ほど著作権におおらかではない。

表向きは歓迎するべき内容だが…? 中国国家版権局は、4月23日に著作権法の關連規定である「ネット転載版権秩序規範に関する通知」を発布し...

それでも海外のコンテンツに対してはかなりゆるい。アメリカのように強硬姿勢を取らない日本や韓国、台湾などのコンテンツはほぼ無法地帯化している。検索のときに中国語が打てればかなり使える。

以下、中国で有名な動画サイトをご紹介。

中国でYouTubeが見られなくて悶々としている方のお役に立てれば幸いだ。