Twitter(ツイッター)を中国で使う方法

シェアする

Twitterは中国で使えないのか?

Twitterを中国で使う方法

世界的に有名なソーシャルメディアと言えば、Facebook(フェイスブック)とTwitter(ツイッター)である。中国では、この手の海外ソーシャルメディアが統制されているのだが、抜け道がないか探してみたのでご紹介。

Twitterと中国

中国が同サービスを規制したのは、ウイグル弾圧の前後で2009年7月。同じ時期にソーシャルメディアの巨塔Facebookや検索エンジン大手のGoogle、メディア共有サイトのYoutubeなど情報をシェアできるサービスを相次いで規制した。その当時の記事でも、この規制をメディアが取り上げている。

先週末、中国の新疆地区で死傷者が出た暴動が起きて以来、中国政府は、例によって、外国のウェブサービスから市民に情報が伝わらないようあらゆる努力をしている。中国政府は、インターネットを全面的に停止することはできないものの、検索エンジンを検閲して暴動に関する情報を削除し、Twitterをブロックした。

ウルムチの暴動の後、中国政府はTwitter、Facebookをブロック中 | TechCrunch Japan

現在、Yahooも内部ではGoogleエンジンを利用しているので、Googleの検索キーワード分析することで、当時のネット利用者がなにをしていたのかが追跡できる。「Twitter 中国」で調べてみると、以下のように規制直後の7月をピークに一定数保ちながら続いている。

Twitterを中国で使う方法

ただし、数カ月おきに山(検索回数の上昇)があったのは、2012年まで。ここ数年は、月に数回検索されている程度と落ち着いている。Twitterが中国で規制されて、使えないことが周知されたためであろう。とは言え、英語(“China, Twitter”)にしぼると、日本語とは逆に検索回数は増えている。最近増えている欧米からの中国投資でやって来た外国人ビジネスマンが、Twitterが使えず困って検索しているのかもしれない。

トランプ大統領の訪中とTwitter

ちなみに、今年(2017年)の11月にトランプ米大統領が訪中したときに、同氏が北京からTwitterにコメントを多数投稿して話題になった。

トランプ米大統領が昨日11月8日から北京入りしており、北京とその周辺は厳戒態勢がひかれている。その訪中にあわせたのか、VPN規制が強化された。どうやら踏み絵迫るのが習近平流のようだ。

マスメディアの中には中国当局が訪中にあわせて、一時的な緩和処置が取られたと報じているのもある。

中国を訪問中のトランプ米大統領は8日、北京での習近平国家主席の歓待に感謝するコメントをツイッターに投稿した。同大統領がお気に入りのコミュニケーションプラットフォームを中国で使うのは初めて。中国当局は自国民が欧米のソーシャルメディアを利用することを総じて禁じている。

トランプ氏、ツイッター規制の中国でもつぶやく-当局が暫定緩和か – Bloomberg

ただ、同時期に中国のネットワーク規制(金盾)が緩和されたという痕跡は見ることができない。また、米大統領やその関係者が盗聴・スキャニングが公然の事実である中国ネットワークを使うとは考えがたい。アメリカは自前で衛星通信持っているので、これを使ったのではないかと推測する。

中国在住の一般人が衛星通信使うのはコスト的に割が合わない。では、Twitterにどうアクセスしたらいいのか?まずは正攻法からやってみた。

1.Web版Twitter

Web版のTwitter公式サイト(https://twitter.com/)は規制されており、アクセスが一切できず使えない。

Twitterを中国で使う方法

メインとなる「twitter.com」はもちろん、モバイル版やほかのアプリで使われるサブドメイン(api.twitter.comやapps.twitter.com)と呼ばれるものもすべて規制されいる。このままでは、手も足も出ない。

2.モバイル版Twitter

次に、AndroidやiPhone、iPad上のTwitter公式アプリを試してみる。これらのアプリも実は「twitter.com」とそのサブドメインに接続しようとするので、いずれも使えない。Twitterのサービス特性上、一度「twitter.com」で身元確認をしているのが原因だと推測する。

Twitterを中国で使う方法

当然であるが、VPNを接続すればきちんと使える。ネットワークそのものが規制されているわけではなく、サービス単位で規制されているためだ。

管理人も使っているVyprVPN。VPNプロバイダーが提供する接続アプリは便利なのだが、私自身は普段利用しない。Androidの標準機能で細かい設定をした上で、VPNを常時接続しているためだ。今回は、どう設定するのかをご紹介。

ただし、このVPNの常時接続は電池消費を悪化させるので、バッテリーの小さなスマホを使っているととてもつらい。iPhoneについても同様である。

3.互換版Twitter

1と2については、既知の事実である。

今回、このトピックを取り上げたのは、この互換版のTwitterが目的。第三者が代行して取得するサービスならば、規制されないのでは?と思ったのだ。

仕組みかをかんたんに言えば、第三者のサイトやアプリケーションが、TwitterやFacebookなどをユーザに代わって取得、閲覧、投稿するというもの。代表的なサービスとして、次の3つがあげられる。

Crowy

Hootsuite

ついっぷる

この手の互換サービスは、第三者を通したり別サーバアドレスを経由することが多いので、使えるケースがあるのだ。たとえば、以前に取り上げたブラウザベースの「Puffin Browser」がこれに該当する。

【不思議なPuffinのその後】普段私が使うときは、ChinaUnicom+Androido+VPNで見ています。華南地区の都市部(広州市や深セン特区内)は比較的安定しているので問題になりませんが、VPNはTCP/IPの上に成立するため、セッションが切れると同時に切れてしまいます。単にページを

たとえばPuffinのサーバ経由であれば、PuffinがWebページを代行して取得するためTwitterやFacebook、Googleが使えた。「使えた」と表現しているのは、既に規制されていて現在は使えない。これの類似パターンとしては、「Facebook Messenger」があげられる。

試してみて…思わぬワナ

Twitterを中国で使う方法

さっそく、互換版Twitterで人気の高いCrowyにつなげてみた。なんと、あっさりと表示される。これは期待できるかも!と思った…が、ここであることに気づいた。

最近のSNSは、以前のmixiと異なり、認証をすべて自前サーバ(Twitterであれば、twitter.com)でおこなう。

つまり、これらの代行サービスは、すでにアカウントを持っていることが前提になっているため、ユーザ登録やログインもTwitterやFacebook、Googleの公式サーバを使うのだ。

したがって、ユーザ登録をしようとすると、それぞれの公式サーバに飛ばされてしまう。つまり、VPNを使わないとログインすらできないのだ。お手上げ!

Twitterを中国で使う方法のまとめ

現状では、「VPNを使う」だ。

SNS側が、代理認証や外部サーバを認めてくれれば、まだまだ活路がありそうではあるが…無念残念。