中国での生活は毎日が運だめし?

シェアする

フォーカードまでもう1枚、惜しい!

先日、人民広場に行った。そのときに、駅構内で面白い光景を目にしたのでご紹介。

中国では、故障や放置はめずらしくない。銀行行ってATMが故障していることがあるくらいなので、現地で生活をしているとしょうがないな程度にしか思わなくなる。

ただ、それでも確率がある。概ね1/4~1/2程度だ。つまり、4台あったら、1~2台程度が壊れているのが標準だ。今回は、75%という高確率事象に遭遇した。

中国での生活は毎日がギャンブル

そろって3台とも使えない。おまけに、電源すら入らないという末期症状。

中国での生活は毎日がギャンブル

こんなに故障が多いのに、窓口では切符を個別では販売しないという不親切っぷり。さすが中国だなぁ!と感心。

軍事拡張をする中国だが、彼らは「長期視点」で、「メンテナンス」を含めた「ランニングコストや手間」を考えるというのが、致命傷的に下手。いや、そんな思考回路自体ないのかもしれない。だから、軍拡をして1,000機航空機を配備したところで、実際に使えるのは半分程度だろう。

ハリボテ国家、中国を日常で見られる素晴らしい1枚だ。