VPNにつづいてサウナ(風俗)も摘発

中国共産党は今秋党大会を開いて、習近平指導部の2期目となる人事を決定した。その党大会に備えて今春からVPNを非合法化、言論統制を強化した。それに続き、8月末から風紀取り締まりも本格化した。一連の流れを追って現状を解説する。