シンガポール

ライチの季節がやってきた

中国や中華圏に住むメリットは2つしかない。1つは美味しい中華が食べられること。そして、もう1つがライチ(荔枝)である。そのライチの季節がやってきた!
0
よもやま話

武漢肺炎:”国際”ではない東京”国際”郵便局

武漢肺炎(ことCovid19)にからんで東京国際郵便局が色々とヒドイ。4週間以上も荷物が滞留している上に、問い合わせ窓口が”国際”じゃない。
2
よもやま話

武漢肺炎とBCG

武漢肺炎が中国外で蔓延したころから囁かれているBCG効果説。某ジャーナリストがBCG効果で早期鎮火するとおっしゃっていたので軽く確認。
0
中国インターネット

武漢ウイルス研究所のスタッフが海外で亡命申請中

新型コロナウイルス(Covid-19)は武漢より広がったとされる。その武漢にある中国科学院武漢ウイルス研究所に所属するスタッフが海外で亡命申請をしたとのこと。
0
シンガポール

武漢肺炎:経済活動を段階的に再開へ

シンガポール政府の武漢肺炎特別チームは、経済活動の再開に向けた段階的な処置を決定。外国人出稼ぎ労働者向けの寄宿舎(dormitory)ではまだ発生しているものの、ローカルでの感染減少を受けたもの。
0
よもやま話

魔法水で言語切替

リー首相の武漢肺炎についてのLive演説は4月3日と4月21日と2回行われた。どちらの演説でも水を一口飲むごとに言語が変わるので魔法のコップと揶揄されているようだ。
0
シンガポール

強化されたサーキットブレーカールールについて

昨日(4月21日)発表された延長と強化されたルールが発表された。まだ期限まで2週間あるのに早々と延長を決めたシンガポール。その一方で日本はまだ迷っているようだ。
0
シンガポール

武漢肺炎:シンガポールがLock Downを4週間延長

今日(4月21日)、シンガポールのリー首相の演説が5時(現地時間)からあり、Lock Down(Circuit Beraker)を4週間、6月1日まで延長するとのこと。
0
シンガポール

武漢肺炎:入店前に体調宣言!

シンガポールでは、武漢肺炎が出稼ぎ外国人の寮を中心に爆発感染が広がっている。昨日は1,400人強を記録した。新しい規約なのかわからないが、店舗に入る前に体調宣言が必要なところが出てきた。
0
シンガポール

コロナは他人ごと

シンガポールをはじめ東南アジアの主要メディアは、今回の武漢肺炎の現状、政府や社会の対策、今後について細かく報道をしている。一方で日本はあまり真剣に受け取っていないのか?と思うような報道が多い。
0
シンガポール

水道光熱費@シンガポールはおいくら?

人間生活していると大なり小なりお金がかかる。切り詰めができるのは居住費や通信費のような固定費で難しいのが水道光熱費のような変動費である。シンガポールはお高いと言われるが、水道光熱費どのくらいなのだろうか?
0
タイトルとURLをコピーしました