中国赴任で気をつけたい3大疾患

シェアする

逃げられない病気ベスト3発表

中国赴任で気をつけたい3大疾患

海外赴任中に気をつけたいこと-怪我や病気だ。怪我は注意すれば避けやすいが、病気は習慣と結びつくものなので難しい。中国で特に気をつけたい3つの病気を紹介。

三大疾患とは?

中国赴任で気をつけたい3大疾患

世間一般で言う三大疾病は、国民病とも呼ばれている病気を指す。日本人の死亡順位ワースト3は上から順にがん(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中らしい。

今回取り上げる三大疾患は、これではない。中国に住む(または長期滞在)ために発症しやすいものである。

症状と何が原因かを見ていこう。

腹痛

中国赴任で気をつけたい3大疾患

まずは腹痛である。

現地で生活する以上、毎日3回食事をすることになる。この食事に注意を払わず腹痛に悩まされる人が多い。中国政府がここ10年で衛生管理の向上に相当力を入れたので、以前と比べると劇的に改善されている。しかし、日本と比べるとやはり悪い。気をつけておきたいのは…

  • 十分に加熱処理された食事を摂取(生物は論外)
  • 水道水を使った氷を使わない
  • 食事前によく手洗いをする
  • はしや食器を使う前にアルコールペーパなどでひと拭きする

意外と盲点になりやすいのが、氷である。炎天下に外回り、喫茶店へ涼みに行くとしよう。冷たいアイスコーヒーをキューっとやりたいところだ。でも、その氷が水道水で、その水になじまず当たることがよくあるのだ。

氷が不要な場合は、中国語で「去冰(qu4 bing1)」と言えば店員がやってくれるはずだ。不衛生な飲食や食器等で感染するものとして、A型肝炎があるのでこちらも要注意。

感染症についての情報 A型肝炎 – FORTH|厚生労働省検疫所

腹痛の時は、静かに休むのがいい。そうは言っても、外回りや長距離移動が必要な場合もある。対処療法として、私はピシャット錠でしのいでいる。

中国赴任で気をつけたい3大疾患

大幸薬品株式会社【第2類医薬品】ピシャット錠 6錠

私の周りでは、4名の日本人中、3名が原因不明の下痢に悩まされたのを付記しておく。

頭痛・鼻炎

次に頭痛と鼻炎である。

中国で外回りをして戻ってきたら、頭がいたい…、鼻が詰まる…そんな症状はないだろうか?これ実は…PM2.5のアレルギー反応なのかもしれないのだ。

アレルギー性鼻炎

PM2.5の症状には頭痛もあるの?

日本にいた頃、花粉症にもならないほど鼻は良かったのだが、とある頃から鼻づまり、鼻水に悩まされるようになった。体質変化だろうか?と思ったのだが、一時帰国時に耳鼻咽喉科へ行ったところ、アレルギー性鼻炎と診断された。

そう、中国の大気汚染が原因なのだ…。上空から見ると、原因にもうなづける。たとえば、下の写真は、上空から撮った淡路島だ。島の形がはっきりとわかる。

中国赴任で気をつけたい3大疾患

同じ日の上海浦東空港付近での写真がこちら。

中国赴任で気をつけたい3大疾患

高度をかなり下げているにもかかわらず、全体的に白っぽく(その正体は大気汚染)、そしてぼんやりしているのがわかる。こんなところに住んで、病気にならないほうがおかしい。

対策は空気洗浄機に加えて、日頃から防じんマスクすることをオススメする。

【PM2.5対応】日本製マスクMサイズ 50枚入(個別包装)】

余談ではあるが、先日やって来た日本人が、外から帰ると頭痛とのどの痛みを訴えるので、マスクを貸与したところピタリと止んでいる。マスクはバカにできないのだ。

ノイローゼ・鬱病

中国赴任で気をつけたい3大疾患

最後に心の病である。

統計がないので一概に言えないが、海外赴任してから1年以内に帰任・帰国される人のほとんどがこのパターンである。原因としては…

  • 仕事量・仕事内容のストレス
  • 対人関係のストレス
  • 環境・習慣の変化

などがあげられる。中国の場合、英語すら通じない場所も多いので、次第に外出しなくなり、引きこもった上で、家族ともども発症するケースもあるようだ。

なぜ中国駐在1年内に 「心の危機」が起きるのか : プレジデント

残念ながらVPNのように絶対解消できる方法がない。個々でストレス解消方法を見つけるしかないのだが、眠れないなどの症状には、中国外資系病院でも睡眠導入剤などを処方してくれるので、こちらが助けになるかもしれない。

おわりに…

海外での仕事は、視野を広げるいい機会である。それだけに、心身ともに健康に過ごせるように気をつけて欲しい。

みなさんの海外ライフの一助になれば幸いだ。