pixiv(ピクシブ)が中国当局から規制-VPN必須に

シェアする

pixiv(ピクシブ)が中国当局から規制受けた模様。9月18日頃からドメイン解決ができなくなっており、アクセスにVPN必須となった。

このpixiv(ピクシブ)というサイトは、イラストや漫画を共有できるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で、絵を描く絵師と呼ばれる人やそのファンが多く集まる。ここで人気を集めて単行本化されたコミックは多い。

同サイトはその少し前に中国からユーザが大量流入してサーバがダウン寸前になるという騒ぎがあったようで、ITmediaではWeiboの規約改定が裏にあるのでは?と記事化している。

9月15日にバージョン1.6.0対応したピクシブ運営のマストドンインスタンス(サーバ)Pawooだが、16日早朝にレスポンスが悪くなるという現象が起きた。3時間で2700人というユーザー数の急増のためだった。その原因を探ると興味深いことが判明した。

(中略)

実名制が問題なのではなく、Weiboに投稿された画像の所有権がWeiboのものになり他への投稿が制限されるという新しい利用規約に中国の絵師が反発し、Pawooに流入したということらしい。

Pawooで急増する中国からのユーザー、その原因は? – ITmedia NEWS

この利用規約については、中国版知恵袋こと知乎でもスレッドが立っており、擁護派と反対派の激しい殴り合いになっている。この規約は合法なのか?と提起するユーザもいるので、かなり反発を受けているのは確かなようだ。

怎样看待新浪微博的《微博服务使用协议》的1.3-1.5条款? – 知乎

この様子は中国のITニュースサイトでも取り上げられており、かなり熱気を帯びている。

你可以自己发给第三方,但是不能单方授权第三方直接来微博抓,来微博抓还需微博授权。从其解释当中我们看到,用户可以自行将文章发布给第三方,但是禁止授权第三方直接抓取用户微博当中的文章。

微博修订版权规定引网友热议,官方:你的东西还是你的 – 微博,今日头条 – IT之家

この規約が妥当かどうかはさておいて、ポイントはこの規約が9月15日に発行されて、直後から中国ユーザがpixvixに移動。中国当局が間髪を入れず9月16日には規制したということだ。

どの程度ユーザが移動したのかはわからなが、元記事でが7,000ほどシェアされているのでここから推測してみる。

SNSなどで共有された記事を見かけたユーザと、その記事に何らかのアクション(いいね!やシェア)をする比率は、SNSの種類にもよるがおおむね1~2%ほど(FacebookとTwitterの場合)である。そこから推測すると30~40万人くらいだと思われる。

オンラインユーザが数億人の中国から見れば、1%にも満たないトラフィックである。しかし、当局はすばやく反応し規制した。先日、AI騒動に関連してリアルタイム監視について言及したが、実はすでに完成しているのではないか?と感じる。

中国語メッセンジャーの大手 テンセント(Tencent 騰訊)のQQで、AIが中国政府や中国共産党を誹謗したとして大騒ぎになっている。この騒ぎ、実は中国政府のVPN規制につながるのだが、おわかりだろうか?

ごく少数のトラフィック変化は全体数で見てしまうと看過する。それを捉えたということは、何らかの方法で常時トラフィックを監視しており、急激に変化したユーザアクセスや行動に対応できるということだからだ。

ユーザの挙動監視という点については、各サービスでも規約の改定やモニタリングチームの設置などが相次いで発表されており、中国共産党の顔色をうかがったピリピリした展開が続いている。

10月18日から党大会(中国共産党第十九次全国代表大会)が開かれるのに合わせて、国内では規制が強化されている。検索サイト企業はサイバーポリスを結成、テンセントはプライバシー無視を掲げる。情報・言論統制が加速が止まらない。

社会全体が監視下に入るその時は、もう間もなくである。

コメント

  1. 漂客 より:

    いつも興味深く拝見しております。

    Pixivへの接続にVPNが必要、という事ですが、VPNそのものが(平日の朝や昼で、VyprVPN使用でも)既に繋がらない状態なので、実質アクセス出来ない状態です。

    また、先程気づいたのですが、Yahoo!Japanの検索機能(search.yahoo.co.jp)も表示出来ない状態になっています。
    (”サーバーの DNS アドレスが見つかりませんでした。”と、Pixivと全く同じ状態です。昨日まで使えていたのですが)