中国インターネットとネット規制-金盾プロジェクトとは?

シェアする

中国生活で切っても切れないもの、それは検閲

中国は改革開放で経済は発展した。しかし、今なお社会主義の一党独裁国家である。体制維持のために中国のインターネットは、日本では考えられないような規制がつきまとう。そんな中国インターネットについて解説する。

中国の情報規制について

中国では、すべての情報を国家が統制している。

新聞、雑誌、ラジオ、TVはもちろん、携帯電話のSMS(ショートメッセージ)、通話内容にいたるまで。そして、すべてのメディアは国家から許認可制で運営されている。この許認可は当局の裁量に左右されるため、メディアは当局に生殺与奪権を握られている。このため、中国で出回る主要なニュースは、どのメディアを見ても同じように表現される。さらに、データソース(情報元)が複数であっても、国が管理しているため国のプロパガンダにとどまっている。

表向きは歓迎するべき内容だが…?中国国家版権局は、4月23日に著作権法の關連規定である「ネット転載版権秩序規範に関する通知」を発布し...

中国には一説によると、300近いテレビ局があるそうだ。しかし、上述の理由から、どれを見ても似たような論調、似たような主張を展開する。

たとえば、中国で2010年ノーベル平和賞を中国人(劉暁波氏)が受賞した。外国籍に鞍替えした中国人が過去に受賞していたが、純粋な中国人の受賞ははじめてであった。ノーベル賞を喉から手が出るほど欲しい中国政府としては、名誉なことのはずだ。

しかし、この劉氏は人権活動や民主化運動に参加し、中国当局と度々ぶつかってきた人物である。当局から見れば不愉快な存在なのだ。そのため、中国のマスメディアはこの受賞を非常に小さく扱った。300も局があるのに一様に扱いは同じで、国民のほとんどは受賞のことすら知らないのである。中国国民は情報を知るための手段がほとんどないため、彼が中国で何をして、その結果受賞に至ったのかを知ることもできない。

つまり、当局の意向がそのまま反映されているのが中国のメディア媒体ということになる。

インターネットの情報規制

インターネットにおける情報の重要性は、中国共産党も早くから認識していた。そのため、中国当局はインターネットへの施策を90年後半に立案・実施していた。その内容は、1つは国外と国内に対して、もう1つが国内と国民に対してであった。

中国<->海外

国外と国内に対してやっている施策が金盾(中国語:金盾工程、拼音:jīndùn gōngchéng)と呼ばれるプロジェクトである。

この計画が始まったのが1998年でWindows 98が出回り日本ではインターネット開花がした頃。そして、2001年にはプロジェクトが開始。このプロジェクトはとても大掛かりで、システムで補いきれない部分は、サイバーポリスと呼ばれる数千万人の監視員と体制に協力的な人を総動員し、手動で摘発にあたっている。

飴でもない鞭でもない?中国インターネットは話題が尽きない。当サイトで度々取り上げている「検閲の強化」や「イントラネット化」はもちろん、それ以...

言論の自由や思想の自由を尊重する西側諸国と相容れない、正反対の政策と言えよう。金盾が具体的な規制に対して、理想やアウトラインを決めるのが互联网信息办公室である。時の政権の目指す方向について具体化する部署であるが、ここの元トップが拘束されている。

既報だが習近平政権2期目で、初となる大捕物がでた。今回拘束されたのは、中国の情報規制を行う部署出身で、政権1期目からのネット規制強化を旗振りしてきた人物だ。自らの規制強化で自身を救えない同氏は、いまどのような心情であろうか?

党が黒と言えば黒、白と言えば白なのだ。

国内<->国内

もう1つの国内と国民に対して行っているのが許認可制度。

中国国内では海外から勝手に持ち込んだ携帯が禁止されている。中国国内で販売されている携帯電話には個別に番号が割り振られており、誰がどこで何を発言したのかがわかるようになっている。おまけに、企業やポータルサイト全部に政府が指定する監視ソフトの導入が義務付けられており、これがないと公開ができない。

たとえば、Googleの中国語版の百度(バイドゥ)ですが、ページ下にちゃんと”京ICP证030173号”というのが書いてある。これが許認可を得ている証拠になる。そして、このソフトが入っているということ=誰が何をしたのかが当局に全て筒抜けになっているということになる。この許可を外資が取るのは事実上不可能で、中国の情報を中国人が政府の干渉のもと、完全に掌握しようという試みなのだろう。

規制対象となっているサービス

中国で規制対象となっているサービスを一覧化したまとめがあるので、参考にしてほしい。

中国ではGoogle検索はもちろん、Facebook(フェイスブック), YouTube(ユーチューブ), Twitter(ツイッター)も使えません。経済の改革...

中国インターネット規制の影響

中国は外国であるし、中国政府が国民をどうこうしようと外国人の我々には口出しする権利はない。ただ、そんな閉鎖国家に住む外国人にとって、自由な閲覧ができな中国のインターネットは非常に不便である。

統計によると、海外に留学や仕事で生活している邦人は約113万人いるとされている(2009年統計)。1位はアメリカで全体の1/3に相当する39万人。ついで多いのが中国。統計では、12%相当にあたる13万人(台湾含まない)が住んでいると。2万人が香港なので実質大陸に住んでいるのは11万人ということになる。

参考:統計局ホームページ/世界の統計2015

中国に現地化して、世界がどう動いているのか気にならない人やプロパガンダも見通せる人であれば気にならないかもしれない。しかし、日本で自由なネットアクセスを享受してきた人であれば、不便に思うはずだ。

毎日使っていたGoogleで検索はできない、Gmailは開けない。Youtubeで動画を見ることも、Facebookで友達の日記をながめることもLINEで連絡をすることもできないからだ。

ある種、軟禁状態である。そんな中国で外国人が自由に情報を手に入れるのは非常に至難の業。では、どうしたらいいのか?

次回、もう少し掘り下げて説明をする。

コメント

  1. […] 参考記事:中国インターネットとネット規制 […]