LINEやDropboxを中国で使う方法(2016年)

シェアする

LINEは不安定。Dropboxは接続不可

LINEやDropboxを中国で使う方法(2016年)

2013年秋から始まった習近平の掃討作戦。反腐敗運動に合わせて、中国外のサーバなど当局が監視できないソフトェアやサービスを次々と規制。2014年夏にはLINE、秋にはInstagramを、そして年末にはGoogle検索とGmailを完全規制した。今、どうなっているのか?

 LINE中国の不可解な動き

2014年7月1日以降、中国でLINEはかなり不安定な動きをしている。まれに動作することもあるが、ほとんどが規制される。例えば、電話認証後のやりとりや認証などは通る。また、顔文字(Sticker)はダウンロードできるのに、メッセージは飛ばない。しかし、LINE中国(LINEの中国公式アカウント)からは応答が戻ってくる。完全に通信ができるわけでもなく、さりとて使えるわけでもない。不安定だ。GreatFire.orgで検索すると「line.me」ドメイン以下のサービスはすべて規制されているようだ。

Censorship of LINE in China | GreatFire.org

LINEを中国で使う方法

LINEに関連する記事も規制されており、徹底している。一部ブログでは、VPNを通しても使えないという情報も出回っていた。ただ、それはLINEが正しい通信をしていなかっただけで、その後の修正で直っている。したがって、VPNで回避するのが確実な方法だ。

ただ、中国から帰ってきたら「ページがみつかりません」症候群で述べたとおり、DNSキャッシュをスマホが持っている場合、影響が残る。その場合は、キャッシュの削除をして欲しい。LINEの代わりにWeChat(微信)を使う方法もあるが、盗聴や検閲されているのでオススメしない。

LINEをスマホ上で設定する方法は次を参考にしてほしい。

AndroidでVPN@中国

追記:LINEの使える・使えないパターンを完全検証した記事を投稿したので、こちらを確認してほしい。

LINEを中国で使う方法(2016年)

Dropboxも完全規制

一時期解除されていたDropboxの規制も、再び規制されている。Webページは2012年頃から規制されていた。しかし、APIベース(Dropboxのアプリを導入した場合)は解除されていた。その後再び規制されたので、中国での利用は難しいだろう。2015年現在も解除されていない。

Censorship of dropbox in China | GreatFire.org

同じ共有系のサービスは全部規制されており、解除される見込みはない。

Censorship of Instagram in China | GreatFire.org

写真共有のインスタグラムも規制

Censorship of Mediafire in China | GreatFire.org

同メディアファイアも規制

Drop.ioは規制判定がかからないが、アクセスするとタイムアウトになるので、こちらも規制されているのだろう。アリババクラウドを使う方法もあるが、こちらも安全性が確保されないのでオススメしない。素直にVPNを入れたほうが安全で確実だ。

当サイトでも、中国で使えるVPNサービスをこちら(記事:中国おすすめVPN)で紹介しているので参考になれば幸いだ。

コメント

  1. ks より:

    貴重な情報をありがとうございます。時々のぞかせていただいています。
    VPNについて一つ教えていただきたいのですが、VPNを使うと通信の内容が守られるの分かるのですが、VPNを使っている事自体は他者から判別できるのですか?つまり、プロバイダーさんは「ああ、あそこでインターネット使ってる人はVPN使ってるな」というように簡単に識別できるものなのでしょうか?

  2. escada より:

    初めまして、以前のホームページからずっとのぞかせていただいておりましたが初めてコメントさせていただきます。

    中国には駐在で6年住んでおりまして東莞4年、蘇州2年です。
    記事にされております中でLINEの接続ですが、当方使用環境
    ・中国聯通(江蘇)
    ・iPhone6 Plus(A1524日本版SIMフリー)
    の環境で「設定」の電話番号を日本の携帯番号で登録している状態であればVPN無しでメッセージの送信、写真、無料通話、ビデオ通話のやりとりができております。日本にいる両親とビデオ通話も問題無くできております。
    ※本日現在でもです

    逆に当方での通信できなくなる条件は
    ・VPNを通す(Pure VPN使用)
    ・登録の電話番号を中国の携帯番号に変更する
    どちらかをしてしまうと通信ができなくなってしまいます。

    そのほかには
    ・タイムライン上の文字記事は見える
    ・タイムライン上の写真は見えない
    という状況です。

    省により同じキャリア、プロバイダでも管轄が違いますので違いが出ているのでしょうか?

    • phc13382@jcvisa より:

      コメントありがとうございます。
      当方で確認してみたところ以下のとおりでした。

      環境:
      ・チャイナユニコム(上海)
      ・Android4.3
      ・登録電話番号=中国現地番号

      VPNなし:
      → 更新するとネットワークエラー発生
      VPNあり(PureVPN):
      → 問題なし
      VPNあり(HMA):
      → 問題なし
      ネットワークを中国電信のWifiにしても同一でした。

      電話番号はLINE側の管理なので考えづらい気がします(韓国が顧客データを売ってれば別)
      VPNを通して接続できない時にDropboxやFacebookなどは開けますでしょうか?
      もしも、これも開けないのであればVPNが接続しているように見えて断線している可能性が考えられます。
      同じキャリア・プロバイダでも経路によって挙動(金盾の管轄が違う?)可能性はありえるかもしれません。

      • escada より:

        コメント返しありがとうございます。

        iPhoneでVPNを通してLINEに接続したときですが
        ・メッセージ送信しようとするとタイムエラー
        ・タイムラインの写真記事がみられるようになる
        状態です。

        逆にパソコン版LINEを使うと
        ・VPN無しではチャットできない
        ・VPN通すとチャットできる

        という不可思議現象に陥ります。

        ちなみにDropBoxとFaceBookはiPhone版パソコン版共に
        ・VPNを通さないと同期も接続もできない
        状態であります。

        もしかするとiPhone版のLINEはVPN接続でメッセージを送受信できているのかもしれませんが、余りにもほそい回線を通っていくため完全に送受信終わる前にタイムエラーが出ているのかもしれません。

        • レポートありがとうございます。
          不思議ですね…。
          VPN同じものを使っているので、こちらの環境で通って、escadaさんの環境で通らないと言うのは非科学的ですね。

          可能性としてiPhoneだからでしょうか…?
          #ちょっと考えづらいですね(汗)
          こちらでも調査してみます…。

  3. 中国駐在員 より:

    私の場合は、iphone6ですが中国で購入し
    登録番号を日本携帯にして使用していましたが
    2月頃から接続不可になり再インストールしましたが
    番号登録まで行くとエラーになるためVPNで新たに
    設定し使用できましたがVPNが切れると再接続不可です
    iphone5の人は日本番号で使用できているらしいのですが
    原因がわかりません
    どなたかわかりますか?

    通信会社は、CHN-UNICOMです・・これ原因ですかね

    • コメントありがとうございます。

      パンダさんの実験や他の方の書き込みからわかるかと思いますが、iPhone向けLINEアプリの問題だと思われます。
      同じチャイナユニコム+Androidを利用する場合は問題ありません。
      また、Wifi回線(VPN済)+iPhoneだと出来ません。中国国内にいるとLINEが判定した場合、LINE中国のサーバに接続しに行き、その先がダメなので通信が出来ないのだろうと思います。
      全く同じ環境を日本に持って行くと問題ないことから、LINEは現在地点をGPSなどで判定して、同一ドメイン内にある最寄りのLINEサーバに接続しにいっているのではなかろうかと…。