遅いネットワークとVPNの原因切り分け術

シェアする

Yahoo!が開けない!はVPNのせい?

VPNが遅いかな?と思った時にチェックしたい3ポイント

中国で切っても切り離せない通信規制。ただ、通信規制が原因なのか、VPNが原因なのか、それとも別の原因なのかわかっているだろうか?3ステップでわかる速度劣化の原因を調べる方法をご紹介。

謎の通信制約と緩和

先日、海外との通信がカットされている記事を書いた。

海外サイトにつながらない!中国当局が先日ブロードバンド改革を発表したが、その前後から海外との通信が執拗に妨害される状況が起きている。中国国内...

通日前から緩和されている。1周間前は30%~40%強通信カットされていた夜間帯の通信が、10%前後まで改善。実際にHMAを使ってテストしてみると、規制中と比べて大幅に速度が上がっていた。

接続先は台湾サーバ。時間は混雑する18時過ぎ。

VPNが遅いかな?と思った時にチェックしたい3ポイント-中国から最も近い台湾サーバで実験

SPEEDTESTの東京に向かって速度テストをすると、好調時ほど(約25~28Mbps)ではないが14Mbpsとまずまずの速度が出る。PINGも73msとそれなりに早い。これだけ速度が確保されるとYouTubeなどを見ても特に支障はない。

VPNが遅いかな?と思った時にチェックしたい3ポイント-台湾経由で東京へ

中国からより近い大阪に向かってテストしてみると、さらに速度が上がった。

VPNが遅いかな?と思った時にチェックしたい3ポイント-大阪へ接続するとさらに上昇

もっとも、距離にして1,000km超えているので、20%前後は誤差の範囲だろうし、実際何度かテストすると1~2Mbps程度の幅があった。

中国国内に対してやると20Mbps程度出るので海外との通信は未だに制限されているものの、以前と比べるとかなりましになったと言える。回線効率7~8割程度あれば上々ではないか?

VPNが遅いかな?と思った時にチェックしたい3ポイント-中国国内通信で21Mbps程度

週末の昼間にPINGをしてみたらパケットロスが0%だった。あのパケロス地獄はいったいなんだったのか…?

VPNが遅いかな?と思った時にチェックしたい3ポイント-海外との通信でパケットロスがほぼ皆無になった

原因追求の3ステップ

中国で「VPN使ってもそんなに速度がでない!」と言う方は、以下の手順でチェックして欲しい。

  1. Speedtest.net「VPNなし」で、もっとも近い「中国国内サーバ」に接続してテスト
  2. 同じく「VPNなし」で、東京や大阪など「日本サーバ」に接続してテスト
  3. 最後に「VPNあり」で、東京や大阪など「日本サーバ」に接続してテスト

この切り分けの仕方は、かんたんに言うと以下のとおりだ。

  • 物理回線の問題なのかどうか(ステップ1)
  • 通信制約の問題なのかどうか(ステップ2)
  • VPN業者の問題なのかどうか(ステップ3)

たとえば、今回の例で言うと、ステップ1では21Mbps出ており、回線の問題ではない。ステップ2をテストしてみると0.5Mbpsとかなりムゴイ。つまり、通信制約がかなり掛かっている状況である。

VPNが遅いかな?と思った時にチェックしたい3ポイント-VPNなしで東京サーバに接続するとヒドイ状況

その後、VPN通してテストしてみると14Mbps出ている。ここでもしも速度が改善されないようであれば、海外通信そのものが制約されているケースとVPN業者が原因のケースに分かれる。これの切り分けのために、VPN業者を2社ほど比べてみるのが一番効果的である。速度差が出るようであれば、業者そのものの問題となるので乗り換えを検討するべき、となる。

遅いのはVPNなのか?ネットワークなのか?

中国から海外サイトにアクセスして、サイトが重くて開けないというケースはほとんどレアケースである。通信制約が消えることはないので、まずは現在使っているVPN業者を疑ったほうが早い。また、同一のVPN業者内のサーバを切り替えるだけで解消することもあるので、こちらもオススメである。

ただし、注意したいのが中国のネットワークインフラは相変わらず貧弱であるということだ。いくらVPNががんばったとしても、そもそもネットワークが遅いと改善のしようがないのだ。ネットワーク自体が遅い場合の改善策は、別の記事でまとめてあるのでこちらを参考にしてほしい。

VPNは枯れた技術で、政府や企業から個人まで幅広く使われている。中国では規制の問題やインフラが弱いのでトラブルが起きやすい。速度が遅いかも?と思ったときの注意点をご紹介。

ネット回線に苦しむ皆さんの参考になれば幸いだ。