LINEを中国赴任先で使う3ステップ(2017年版)

シェアする

LINEは中国でそのまま使えない!

LINEを中国赴任先で使う3ステップ(2017年版)-中国でLINE

中国に赴任が決まった!そんな赴任者で、家族や友達、同僚とはLINEでやりとりをしているという人は少なくないはず。しかし、中国でLINEはそのまま使えない。では、どうすればいいのだろう?赴任前にやっておきたい準備を3ステップ、5分で紹介する。

1.知識編

多くのサービス・サイトが使えない中国

中国は中国共産党にとって不都合なサービス・サイトはほぼすべて使えない。詳細は下記のコラムを見て欲しい。

中国とネット規制[1] – 概要

中国とネット規制 [2] – 試してみた対策

この中にLINEが入っている。もしも、中国でLIENを使うにはVPNが必須となる。ただ、使う端末によって方法が異なるので要注意だ。

端末別パターン

日本でいま使っているスマホにLINEがインストールされていて、それを中国に持って行く場合、端末ごとに何が必要なのかをかんたんにまとめた。

  • Androidスマホ
    • Wifi使うとき:VPN必要
    • モバイルデータ使うとき:VPN不要
    • ローミング使うとき:VPN不要
  • パソコン:VPN必要
  • iPhone(4,5,5S, 6, 6Plus)
    • Wifi使うとき:VPN必要
    • モバイルデータ使うとき:VPN必要
    • ローミング使うとき:VPN不要

絶対にやっていけないのは、日本のiPhoneを中国へ持って行き中国のSIMカード(チャイナモバイルやチャイナユニコム)を使うことだ。これをやると使えなくなるので要注意。技術的な詳細を知りたい人は下記のコラムを見て欲しい。

LINEを中国で利用できるパターン

2.準備編

VPNを導入

まずは、VPNを導入する。どうやるのかは、下記コラムを見て欲しい。

◯ 日本にいる場合(中国法人が業務用VPN利用している場合も同じ)

3ステップで完了!中国で使えるHMA VPNの導入

◯ 中国にいる場合

中国おすすめVPN

中国法人(現法)がVPNを使っているかは、Yahoo!台湾(Yahoo奇摩)を開いてみればわかる。開ければ、社内はVPNで海外とつながっている。

VPNをiPhone/Androidにインストール

1.iPhoneもAndroidも手順はほぼ同じだが、iPhone5の画面で説明する。まずは、App Storeを開いて「Hide My Ass」で検索

LINEを中国赴任先で使う3ステップ(2017年版)

2.ダウンロード

LINEを中国赴任先で使う3ステップ(2017年版)

3.インストールするとアイコンが出るのでタップして起動

LINEを中国赴任先で使う3ステップ(2017年版)

4.ログインIDとパスワードを入力して「Login」をタップ

LINEを中国赴任先で使う3ステップ(2017年版)

5.プロトコルとサーバの選択

接続プロトコルは一番軽い「PPTP」がいい。また、利用サーバを選ぶことができる。画面下側にある「Location」から「Japan」を選ぶ(近場の台湾(Taiwan)や香港(Hongkong)もオススメ)

LINEを中国赴任先で使う3ステップ(2017年版)

※日本サーバを使うならば、沖縄にあるものが一番速い

LINEを中国赴任先で使う3ステップ(2017年版)

6.右上にある「インストール」をタップしてインストールを完了

LINEを中国赴任先で使う3ステップ(2017年版)

※インストール時に警告がでる場合がある。そのまま続行して構わない

LINEを中国赴任先で使う3ステップ(2017年版)

利用編

あとは、iPhoneの設定にVPNという項目が追加されているので、接続をタップするだけ

LINEを中国赴任先で使う3ステップ(2017年版)

中国でiPhone+LINEを使うときの注意

このiPhoneとLINEの組み合わせを使うとき、下記の行為は避けたい。使えなくなる可能性が高い。

  • 中国番号で再登録する
  • 中国のSIMカードをiPhoneに挿す

また、万が一のことを考えて、WifiのみでiPhoneを使う場合でも、SMS(ショートメッセージ)を受け取れるようにローミングサービスは事前申し込みをしておくのをオススメする。

皆さんの参考になれば幸いだ。